自転車暴走族以上にヤバイ!轢かれたときの無保険状態

自転車暴走族 無保険

めざましテレビでも話題になったのが「自転車暴走族」。

口でブンブン言いながら、道交法も何も関係ない状態で“暴走”しているので、自転車が歩行者を撥ねてしまうなんてことも。

かなり滑稽な様子で、「同じ滋賀県民として恥ずかしい」なんて声もありますよね。

それ以上に怖い「無保険の自転車」の対策も軽くご紹介しておきます。

 

 

◆めざましテレビでも放送「自転車暴走族」が危険

シュールな光景なものの、「ブンブン」言っているだけあってそれなりのスピードが出ているのが、この「自転車暴走族」。

交通を妨害する状態も迷惑なものですが、最も恐ろしいのが「歩行者を撥ねてしまう」ということなんです。

最近、急増しているのがロードバイクが人を撥ねてしまったというニュース。なので、最近は自転車専用の「保険」というものが販売されて人気になっていますよね。

とは言え、無謀な運転をする「自転車暴走族」や「ロードバイク」の中には、無保険状態で暴走している人たちもいるんです。

その「無保険」のロードバイクや自転車に撥ねられた時、多くの人が「泣き寝入り」しているのが現状ですよね。

 

◆ロードバイクや無保険原付きに撥ねられた!病院に行っても自腹にしないには

自転車 無保険

自転車暴走族はもちろん、最近人気のロードバイクに轢かれてしまったという人も多いのではないでしょうか。

こういう場合、加入した方がいい「自転車保険」に入っていれば通院費や慰謝料が出やすいものの、常識のない原付きや自転車などに轢かれた場合は「無保険」で泣き寝入りということが多いんです。

中には、原付きで人を撥ねたのに、すぐに「自賠責保険の手続き」すらしない常識のない人も。

一番大切な対策が、「自分の保険」を見直してみるということなんです。

例えば、家族の車の保険に「人身傷害補償保険」というものに加入していませんか?

実はこれ、車に乗っているときじゃなくても適用されるんです。

例えば、保険加入者の息子さんが無保険の原付きや無謀なロードバイク、自転車暴走族に撥ねられたときにも「保険適用」となる可能性が高いのがうれしいところ。

もう一つ加入しておいたほうがいいのが、「弁護士特約」という保険なんです。

自転車暴走族 無保険

  1. 自転車暴走族などのリスクから自分を守るには「泣き寝入り」は必要ない
  2. 自分の家族の車の保険に「人身傷害補償保険」や「弁護士特約」があるか確認
  3. 巻き込まれたときは、必ず警察に連絡

意外と知られていない保険のメニューもあるので、「自転車暴走族」や「運転の荒いロードバイク」で事故に巻き込まれる前に、自分の身は自分で守りましょう。

 

まとめ

無謀な運転をする「自転車暴走族」も愚かなものの、もっと怖いのが“無謀な相手に巻き込まれる”ということ。

決して許されない無謀な「自転車暴走族」や「無保険のロードバイク」には、まずは自分自身の身を守ることを先決してくださいね。

自転車暴走族 無保険

気になったらシェア♪