貴乃花親方がオジサンから嫌われる&若者から人気な理由

貴乃花親方

貴ノ岩&日馬富士暴行問題から長く、約1ヶ月が経とうとしていますよね。

興味がなくても、嫌でも目や耳に入ってくる今回の「モンゴル互助会」の角界問題は、実は意見が二極化しているんです。

「モンゴル互助会」を擁護する“オジサン世代”と、「貴乃花親方」を支持する“若者世代”に二分化されている理由は、「オジサンの考え方」にあるんです。

 

 

◆オジサン世代が「貴乃花親方」が嫌いになる理由

貴乃花親方 嫌い
By:Biglobe news

常に沈黙を貫き通し、「互助会」に対して何も言及しないのが貴乃花親方。

マスコミを中心に、「なぜ、相撲取り通しの痴話喧嘩を大騒ぎさせるのか?」という批判めいた意見が目立つこともあるんです。

その理由が、日本が培ってきた「空気の文化」。特に、空気を読んで「上司の意見は絶対」という団塊世代ほど、貴乃花親方の考え方に反対なんです。

そもそも、一般的に考えるのであれば、土俵外の「傷害事件」は犯罪そのもの。Lomero過去記事『真相は貴ノ岩の傷の写真で分かる?日馬富士と貴ノ岩の事件』でも紹介した「頭の縫い針」を見る限りは、傷害罪で起訴されてもおかしくないような状態。

でも、団塊のオジサン世代からすれば「教育のため」だとか「上下関係の正しさ」を教える“喝”だという主張もあるんです。

普通に考えるのであれば“ありえない”ことでも、貴乃花親方が「貴ノ岩擁護」を貫き通して互助会に対して逆らうように見える姿勢に、「もっと従順に!」と思うのは仕方ないことなんでしょうか?

 

◆貴乃花親方 若者世代から共感を呼び慕われる理由

貴乃花親方
By:livedoor blog

「オジサン世代」とは逆に、「若者世代」から支持されているのが貴乃花親方。

そもそも、弟子を第一に考えつつ「土俵外で傷害事件には屈しない」という価値観が、若者世代からすれば「正論」と思われやすいですよね。

今の20代~30代は、「社畜文化」が大嫌いな世代。会社や組織に従順になるのは嫌な人も多いのでは?

団塊世代とは違った、貴乃花親方の「自分の価値観を貫き通す」という姿勢に“かっこいい”と感じる人も多いんです。

それに、貴乃花親方はなぜか“謎の闇オーラ”が出ていて、「多くを語らず」が逆に、若者世代から好かれる理由に。

団塊世代とは違って、若者世代は「正論」や「常識」で物事を考える傾向があるのが、貴乃花親方人気の秘訣だったりもするんです。

 

まとめ

相撲業界の“おエライ人”といえば、どうしても60代以上の人が中心だと言われますよね。

「モンゴルチーム」として、モンゴル出身の力士人気も下がってきている状態の角界。

貴乃花親方が支持されて、白鵬や相撲協会が嫌われるのは「時代のせい」だとも言えそうですよね。

貴乃花親方

気になったらシェア♪