吉田明世アナ 途中離席は「パニック障害」や「適応障害」か

吉田明世 途中離席

Lomero過去記事『ホラー?サンジャポ 吉田アナの呂律の回らなさの原因』ではややオカルトめいた「吉田明世アナウンサーの離席」を報じたものの、12月3日に再び離席。

吉田明世アナウンサーといえば、朝から夜、そして日曜日まで仕事をしているという「ブラック企業体質」もびっくりの内容なんです。

「貧血」で再び離席した吉田明世アナウンサーに心配されるのが、“心身の負担”ですよね。

 

 

◆女子アナの宿命…朝番組の冠アナウンサーのブラック生活

吉田アナ サンジャポ 怪奇現象 子どもの声
吉田明世アナウンサーは「貧血」という症状なものの、心身の負担がやや気になりますよね。

とは言え、女子アナといえば「ブラック生活」が強いられる職業でもあるんです。

  1. 自宅には18時~21時に帰宅
  2. 夜ご飯 or 入浴
  3. 就寝
  4. 午前2時~4時の間に起床

例えば、今やフリーのカトパンは「とにかく、『めざましテレビ』時代の生活は辛かった」と漏らしていましたよね。

吉田明世アナウンサーは、あの「グラビアも出した田中みな実アナ」の退社で、週6日以上の勤務状態。

結婚して1年少しが経ち、家庭のこともままならず「ブラック生活」に耐えられない心身状況になってきている可能性もありますよね。

 

◆吉田明世アナーも?ブラックアナウンサーぶりで「うつ病」になる危険性


By:サンジャポ生放送キャプチャ

10/29の放送でも呂律が回らなくなり、爆笑問題田中にもたれかかるように「途中離席」した吉田明世アナウンサー。

人一倍、真面目で頑張りやすい性格の人ほど「自分の体調」に気づかないものなんです。

責任感が強いほど、「番組に穴をあけてはいけない」というプレッシャーに襲われることもあり、人気アナウンサーは「ブラック生活」ぶりに最終的に「局アナを退社」ということも。

場合によっては「パニック障害」や「適応障害」という症状が襲うこともあるのが、女子アナの過酷さなんです。

アナウンサーだけじゃなくて、ブラック生活が当たり前になってきても“無意識の体調不良”は急に襲ってくるもの。

吉田明世アナウンサーも、無理をせずに自分なりのペースで仕事をしてほしいですよね。

 

まとめ

他にも「ブラック生活」を送っていそうなアナウンサーといえば、あの水トちゃんこと水卜麻美アナウンサー。

「綺羅びやかで華やか」

そんなイメージが強い女子アナですが、実際にはブラック生活を強いられることが多々。

吉田明世アナウンサーは、まずご自身の体調不良を素直に受け入れてほしいものです。

ホラー?サンジャポ 吉田アナの呂律の回らなさの原因

2017.10.29
吉田明世 途中離席

気になったらシェア♪