iPhoneフリーズはZaimだけじゃない!アプリの怖さとは

iphone フリーズ zaim

iPhoneユーザーの「強制シャットダウンやスリープ」で困惑したのが、家計簿アプリの『Zaim』が原因でしたよね。

Zaimの通知をオンにしていると、10数秒ごとにスリープ状態になってしまったという今回の事象。

何気なくダウンロードしているアプリですが、他にも悪意のあるアプリがあるって知っていますか?

 

 

◆個人情報丸裸!出会いアプリでクレジットカード情報漏えいも

iphone フリーズ zaim

何気なく使っているアプリの中で、女性だけじゃなくて男性も使用したことがあるだろうアプリが「出会いアプリ」。

ポイント制でトークのやり取りを、iTunes Cardではなくてクレジットカードで払っている人は要注意。

悪意のあるアプリや業者の場合、クレジットカード情報を意図的に漏えいしてしまうなんてこともゼロではないんです。

昔は「架空請求」が流行ったものの、その被害は今、「クレジットカード情報漏えい」につながることもあるんです。

 

◆違法ダウンロードアプリで「悪意のあるポップアップ広告」頻発へ

iphone フリーズ zaim

「フリーブックス」という無料で漫画や読むことができるサイトも流行ったものの、最近は摘発が多め。

とは言え、まだまだ海外を拠点にしている「違法ダウンロードサイト」って多いですよね。

実はこの「違法ダウンロードサイト」のダウンロード元には、ウイルスが仕込まれているものがまれにあるんです。

違法ダウンロードアプリ経由で「悪意のあるウイルスが入った漫画や音楽」をダウンロードしたが最後。

ポップアップ広告が1分ごとに出てきて、最悪、初期化しなければいけないなんてことにもなるんです。

もちろん、「違法ダウンロードアプリ」自体が違法であることはお忘れなく。

 

◆位置情報は要注意!アプリ管理者によるストーカー被害も

iphone フリーズ zaim

プライバシーポリシーのあるアプリは例外としても、中には位置情報を悪用するアプリの管理者もいるんです。

例えば、アプリの管理者が男性の場合、女性をターゲットに位置情報を丸裸にできることも……!

最近はどんなアプリでも「位置情報」を求められることがあるものの、不必要だと思うアプリは「位置情報を許可しない」に設定することも大事。

知らぬ間に、「自分自身の行動」が丸裸になっていることもありますよ。

「位置情報の許可」は、事前に許諾を“YES・NO”で選択しているようにしているものの、適当に“許可する”にしていませんか?

気がつけば、悪意のあるアプリに「スマホが乗っ取られていた」なんて事件も、これからどんどん増える可能性がありそうですよね。

 

まとめ

生活から切り離すことができないスマホ。

今回はスマホユーザーのか半数以上が使用しているiPhoneでの不具合が、『zaim』という家計簿アプリによって起こってしまったので、多くの人が混乱したのでは?

便利な反面、多少のリスクがあるアプリ。Zaimは単なる不具合で良かったものの、中には悪意のあるプログラミングをするような業者もいるんです。

「悪意のあるアプリ」はインストールしないように気を付けてくださいね。

今回のiPhoneの不具合は、様々なアプリの通知をオフにすることで対処できる可能性が高いです

iphone フリーズ zaim

気になったらシェア♪