ドンキPCことストイックPCを速くする方法とは

ドンキPC 遅い 速くする

「ドンキPC」ことストイックPCが話題になっていますよね。

値段が驚愕の19,800円。同じようなスペックでのPCでも、おおよそ30,000円以上すると考えれば破格とも言えるんです。

ただ、恐ろしいのが「スペックが低い」ことで「動作が遅い」ということ。

実はストイックPCを速くするには、ネット環境やSSDへの変更ができることも。

ただ、ドンキPCは「メモリ増設不可」なので、参考までにしてみてくださいね。

 

 

◆LPDDR3 2GB(増設不可) ストレージ32GBを速くするには

「スマホは持ってるけど、手元に安いパソコンがあれば安心」

そんな方もいるのでは?

ドンキPCことストイックPCは、メモリが増設不可で2GB。ストレージも32GBなので、ブラウジングするのにもスマホ、特にiPhoneの方がスムーズに動作する可能性大。

ただ、例えば「文章を書きたい」だとか、「大画面で動画を見たい」という人は、パソコンは手元にあったほうがいいですよね。

コスパはいいものの、とても「高スペック」とはいえない「ドンキPC」なので、いかに自分の手でカスタマイズできるかが鍵なんです。

例えば、メモリ増設が不可でも、ハードディスクを「SSDへの変換」が可能なPCも。

もちろん、ドンキPCが可能かどうかは未知数なものの、同じスペックでSSDの変換をしたときに「爆速」になったというケースも。

PCをいじる女性はあまりいなくても、コスパがよくて速くすることができるのなら「SSD」を「HDD」から載せ替えることも方法の一つ。

  • 同スペックのwindows10=39,800円+SSD10,000円→49,800円
  • ドンキPC(ストイックPC)→19,800+SSD10,000円→29,800円

ドンキPCがHDDからSSDに乗り換えることができる場合、2万円もお得に「爆速PC」を味わえる可能性も高まりますよね。

 

◆意外に多い!ネット環境で損してPCが遅くなっている状況

ドンキPC 遅い 速くする

ネット回線が「光」という人は多いでしょうが、ほとんどの人が「無線LAN」でネットを繋いでいるのでは?

実はネットの回線や自宅の立地次第では、無線LANがとてつもなく遅くて、ネットがすぐに切れる&PCの動作が遅いというケースもあるんです。

それが「有線ケーブル」を使えば、かなり爆速に。ストイックPCも、ネット回線次第では「速くできる」ことも可能ですよ。

他には、「ルーター中継器」を置くのも一つの手段。

例えば、ルーターが一階にあり、自分の部屋が2階にあるときは「無線」も「有線」もスムーズにつなぐのが難しいですよね。

そんなときに「ルーター中継器」があれば、無線も有線もスムーズにつなぐことができるんです。

ネット環境さえ整っていれば、「ドンキPC」ことストイックPCでもスムーズな環境で「速くする」ということができる可能性も高いんです。

 

まとめ

中には10万円ほどのPCを買っても有効活用できていない、なんて人も多いのでは?

ドンキPCことストイックPCなら、工夫次第で「遅いのを速くする」という可能性も大。

コスパ重視で、後々不満ならカスタマイズするという手段もありかもしれませんね。

ドンキPC 遅い 速くする

気になったらシェア♪