そらジロー先生 マツコとの出稽古が話題に!しゃべくりで

マツコ そらジロー先生 しゃべくり007

今やTVで見ない日はないと言っても過言ではないのが、マツコ・デラックスさん。

冠番組も多く、『しゃべくり007』内でも「子ども一人を養えるぐらいの金額は稼いだ」と豪語していたマツコさんなものの、実は超ネガティブな性格。

そんなマツコさんの「元旦の失恋」も話題になった同番組内なものの、“先生”と寵愛する日テレのお天気マスコットキャラの「そらジロー」とマツコさんの絡みに、多くの視聴者が腹筋を崩壊させたんです。

 

 

◆マツコ ゆるキャラは苦手でも…「そらジロー先生は別」

マツコ そらジロー先生 しゃべくり007

番組内・外でも爆笑の渦に囲まれたのが、マツコ・デラックスさんがそらジロー先生を投げ飛ばした“出稽古シーン”。

実はマツコさん自身は「ゆるキャラには(心が)動かないけど、“そらジロー先生”は別なの」と、そらジロー先生の偉大さを語っていたんです。

そらジロー先生の誕生は2007年で、性別はオス。「鳥系」かと思いきや、「怪獣系」で口から火が出るという謎のマスコットキャラですよね。

決め技は「回転ジャンプ」で、一日の消費カロリーはジャンプだけで300kcalという強者なのが、そらジロー先生なんです。

完全にカオス状態のスタジオに、マツコさんは大暴走。

超ネガティブな性格なマツコさんなものの、一回“火がついたら”ヤバイんです。

 

◆元旦に失恋したマツコの「タクシードライバー物語」

マツコ タクシードライバー 失恋

同番組内では、マツコさんが「2001年の元旦」に失恋した話も。

当時、雑誌の編集をしていたマツコさんですが、校了の時期がギリギリになって、当時交際していた人の場所に戻ったのが大晦日の23時50分頃。

交際相手も「こんな遅い時間に……」と不機嫌だったようで、それがきっかけで大喧嘩になったマツコさんと元交際相手の方。

勢い良く飛び出し、タクシーに乗って「不覚にも泣いた」と語ったマツコさんは、外の光景にさらにしんみり。

「東京の元旦」は皆が幸せそうに見えて、それを察したタクシードライバーの人が「たまんねぇよな。ただ、年が変わっただけなのによ」と、まるでマツコさんの失恋を察するかのように、「たまんねぇよな。ちくしょう」と繰り返していたんです。

それでさらに涙腺が崩壊したマツコさんは、号泣しながらタクシーのお会計をしたんだとか。

当時の交際相手とは「今でも連絡を取っている」と語ったマツコさんですが、大晦日から元旦の失恋は想像するだけでつらそうですよね。

 

ちなみにマツコさんは、もともと「美容師」なのはあまり知られていない話。

マツコ・デラックスは、実は元美容師。東京マックス美容専門学校を卒業し、美容師として働いていた過去を持っています。しかし美容師として働いていたものの、違和感を覚えてゲイ雑誌の編集の仕事につき、それがきっかけで現在にいたるそうです。

Ref:gooランキング

美容師退職後に、熱意を込めて編集していた「ゲイ雑誌」の編集を大晦日の夜遅くまでしていたことで、“元カレ”の寂しさは積もりに積もっていたんでしょうか?

 

まとめ

そんな失恋話のしんみりさも、なぜか「そらジロー先生」の登場でカオス状態になったマツコ・デラックスさん出演のしゃべくり007。

そらジロー先生の中の人のギャラが高かったことを祈るばかりですよね。

マツコ そらジロー先生 しゃべくり007

気になったらシェア♪