インパルス堤下に厳しい声…交通事故を起こしやすい人の特徴

堤下敦 交通事故を起こしやすい

6月に『堤下 睡眠薬ではなく抗ヒスタミン剤?眠気がくる薬の注意点』でも紹介したよう、睡眠薬や抗ヒスタミン剤を飲んでの運転は道路交通法違反。

あれからすっかりと地上波からは消えてしまったインパルスの堤下さんが、またもや事故を起こして“厳しい声”が飛んでいますよね。

実は世の中には「交通事故を起こしやすい人」も稀に存在するようなんです。

 

 

◆性格でも変わる!交通事故を起こしやすい人

交通事故を起こしやすい 堤下敦
By:カーセンサー

実は運転をしていて“交通事故を起こしやすい人”も存在するんです。

煽り運転対策にはドラレコと停車が大事!不倫対策にも…?』でも紹介したように、煽り運転すらしかねない性格の人が「短気な人」。

ハンドルを握ると性格が変わるなんて人もいますよね。

交通事故を得意とする弁護士によると、下記の人が「交通事故を起こしやすい人」なんです。

  • 自己中心的で目立ちたがり屋な人
  • 他人に格好良く見せたがる人
  • 感情の起伏が激しい人
  • 怒りっぽい人
  • せっかちで気分屋な人
  • 神経質で緊張しやすい人
  • いい加減で注意散漫な人

Ref:交通事故弁護士相談広場

堤下敦さんには、昔から後輩との諍いがあるほどの気性ぶり。

また、日頃から抗ヒスタミン剤を飲んでいながら朦朧とした状態で運転したなど、「交通事故を起こしやすい人」の要素はありそうですよね。

 

◆堤下敦に厳しい声…「二度とハンドル」を握らないほうが良いの声も


By:NHK NEWS WEB

 以前の意識朦朧の状態での運転と合わせて、2回目の過失運転となる堤下敦さん。

「もうハンドルは握らないほうが良い」という声まで、バッサリと厳しい声が飛んでいますよね。

堤下敦さんの奥さんはもちろん、相方の板倉さんにも“頭が上がらない状態”になってしまいましたよね。

 

ちなみに相手の被害者の男性は「首が痛い」と訴えている状態。

実は交通事故で“後ろや横から衝突される”ことで、頚椎捻挫(むち打ち症)を代表に首を痛める人は多数。

その首の痛みは場合によっては「一生治らない」といった症状もあるんです。

被害者の方二人が“軽傷”だとはいえど、場合によっては「天気痛」と合わせて吐き気や頭痛も引き起こすことも。

運転では、加害者にも被害者にもならないように気を付けてくださいね。

 

まとめ

交通事故を起こしやすい人のもう一つの特徴に「空間認識能力」の低さが関係している人も。

例えば、車幅感覚がどうしてもつかみにくい人は「ミラーをこすりやすい」なんて人もいますよね。

性格の面と合わせて、堤下敦さん以外にも「交通事故を起こしやすい人」の特徴がないかどうか、確認してみてくださいね。

堤下敦 交通事故を起こしやすい

気になったらシェア♪