秋から冬に「下腹の贅肉」をへこませる方法

下腹の贅肉 へこませる

「食欲の秋」や「動かない冬」に気になるところってどこですか?

「下腹」

という女性は多いのではないでしょうか。と言うのも、厚着の季節ほどお腹の贅肉に無防備になりがちだからなんです。

“1年がダイエット”という人も、つい油断しがちな秋から冬の「下腹の贅肉」。

秋から冬こそ、下腹をへこませるタイミングとしてはちょうどいいんです。

 

 

◆食欲の秋はとにかく太りやすい!過食気味に要注意

下腹の贅肉 へこませる

不健康なダイエットよりも、ちょっと食べ過ぎるぐらいの方が健康には良さそうですよね。

ただ、「食欲の秋」に襲ってくるのが大幅な体重増。そして、下腹の肉付き具合。

プールや海で意識しやすい「下腹」なものの、秋から冬にかけては無防備になるなんて人も多いですよね。

ニットセーターを脱いだ後に弾む“下腹の贅肉”は日頃、意識していないと自分で「見て見ぬふり」をしてしまうもの。

でも、秋から冬にかけて下腹の贅肉をへこませる対策をしないと、次の年の春から夏にかけて悲惨な思いをしますよ。

 

◆下腹の贅肉には「寝たまま腹筋」が効果的

下腹の贅肉 腹筋 へこませる
By:Latte

効果的に、しかも“つらい思いをせずに”腹筋を鍛えるには、「寝たまま腹筋」がおすすめ。

ただこれ、かなり集中しないと「お腹をへこませる」というのは難しいかもしれません。

コツは「呼吸」を意識することなんです。

  1. 寝そべる
  2. 膝を立てる
  3. お腹のインナーマッスル(腹横筋)を意識
  4. 呼吸筋(横隔膜)を意識して鼻から息を吸う
  5. 口から息を吐く時に、腹横筋と呼吸筋をへこませる
  6. 息を吐き切った後は、背筋と床の圧力を気にする

この5ステップを、暇があれば何回も繰り返すのが効果的。

コツは「呼吸に意識を置く」ということなんです。集中することでマインドフルネス効果もあるので、かなりおすすめですよ。

 

◆涼しくなってきたらからこそ「スロージョギング」で脂肪燃焼

スロージョギング 下腹の贅肉 へこませる
By:Runjoy!

最も効果的なのが、スロージョギング。

ウォーキングも効果的ですが、「歩くようなスピードで走る」というのは脂肪燃焼がかなり高いんです。

と言うのも、ゆっくり走る「スロージョギング」は毛細血管が発達することで、効果的に脂肪燃焼効果を得られるからなんです。

コツは、本当にスロージョギングでゆっくり走ること。

できれば姿勢を正して、「寝たまま腹筋」の呼吸を繰り返しながら走ることなんです。

お腹の脂肪燃焼を狙い「下腹をへこませる」には、とにかく摂取カロリー<消費カロリーを毎日繰り返すことですよね。

「食べ過ぎる」という人も多い秋から冬ですが、スロージョギングで「下腹の贅肉対策」をしてみませんか?

翌年の夏には、すっきりした下腹になっている可能性大ですよ。

 

まとめ

家でお手軽にできるのが「寝たまま腹筋」。正し、かなり集中して行わないと“寝ているだけ”になるので要注意なんです。

  • 「寝たまま腹筋」で腹横筋と呼吸筋に意識を置く
  • 呼吸を意識して、“吸う”と“吐く”を繰り返し、背筋も意識
  • スロージョギングで脂肪燃焼
  • スロージョギングのときも、呼吸を意識する

秋から冬にかけては「下腹の贅肉」を油断しがちな季節。

でも、今から“小さな対策”をしておくことで、暖かい季節に備えておきませんか?

下腹の贅肉 へこませる

気になったらシェア♪