ホンマでっか!? 「不倫遺伝子」は女性特有の浮気因子

不倫遺伝子

明石家さんまさんが司会の『ホンマでっかTV』で明らかになったのが、女性特有の「不倫遺伝子」。

この不倫遺伝子は男性には影響が左右されずに、女性特有の遺伝子だと放送されたんです。

「不倫遺伝子」は女性特有の遺伝子で、“不倫や浮気をしやすい”のは生まれつきの可能性が高いんです。

 

 

◆ホンマでっか!? 「不倫遺伝子」で不倫しやすい女性が多数

不倫遺伝子

実は「不倫をする女性」と「不倫をしない女性」の違いには、”不倫遺伝子があるかどうか”が大きく左右されるんだとか。

「何で私は、不幸な“不倫”ばかり選ぶんだろう……?」と悩んでいるのには、実は「不倫遺伝子」が原因の可能性もありそうですよね。

もし母親が「不倫癖」のある人だったら、その不倫遺伝子も脈々と受け継がれていく可能性があるんです。

 

◆不倫遺伝子のせい!? 浮気願望のある女性は3割以上

不倫遺伝子

男性には影響のない「不倫遺伝子」ですが、女性がなぜか”不倫しやすい”のには、「不倫遺伝子」が大きく関係しているんです。

  • なぜか、妻子持ちの男性を好きになる
  • 旦那がいても他の男性に色目を使ってしまう
  • 自分が男性にどう見られているか、結婚後も過剰に気にしてしまう
  • 実はこっそり不倫をしている相手が複数いる

「不倫遺伝子」のある女性ほど、葛藤がありつつも「不倫・浮気」を繰り返してしまうようなんです。

確かに、「不倫遺伝子」のせいで自分自身が”不倫や浮気”をしてしまう可能性は高いですが、せめて「理性」は忘れないでおきたいですね。

ちなみに、女性の願望の3割が「不倫したい」ということなんだとか。

今や、スマホアプリで簡単に不倫ができる時代。

不倫遺伝子

右手でチャットしている自分自身を冷静に見ると、それは「不倫遺伝子」のせいなんでしょうか?

それとも、単純に「日頃の不満」が溜まっているからなんでしょうか?

 

まとめ

女性特有の「不倫遺伝子」は、芸能人でもけっこういそうですよね。

2016年に話題になったのが、あのベッキーさん。そして、2017年は上原多香子さんや斉藤由貴さん。

「不倫遺伝子」の恐ろしさは、当事者の女性よりも“被害者の男性”が身を持って感じることでしょう。

不倫遺伝子

気になったらシェア♪