糖質制限論争は極端!ダイエットにも健康にもバランスを

糖質制限 健康 ダイエット

「糖質制限をしたほうが、死亡リスクが下がる」という海外の論文を有名メディア・東洋経済オンラインが論じていますよね。

確かに、糖質を摂取しすぎるのは「早死」の原因にもなったりすることが多々。なので、最近は「糖質制限は良いこと」と糖質制限ダイエットへの健康被害があまり「悪の話題」にはなりづらいですよね。

でも、「糖質制限は敵」と語る人も多く、実際に糖質制限ダイエットをしすぎたせいで体調を崩してしまえば、元も子もありませんよ。

 

 

◆東洋経済オンライン 「糖質制限に幕?」は極端過ぎる?

糖質制限 健康 ダイエット

結論からいえば、「糖質制限をしたほうが、長寿の可能性があるかも」といったことが書かれているのが、有名メディア『東洋経済オンライン』内で明らかになっていますよね。

そのきっかけが『ランセット』という医学誌。その論文では「炭水化物は悪しきもの」という内容が展開されているんです。

①炭水化物摂取量の多さは全死亡リスク上昇と関連
②総脂質および脂質の種類別の摂取は全死亡リスクの低下と関連
③総脂質および脂質の種類は、心血管疾患(CVD)、心筋梗塞、CVD死と関連していない
④飽和脂肪酸は脳卒中と逆相関している

Ref:東洋経済オンライン

ザックリ、簡単に言えば、

  • 炭水化物の摂取量が6割以上だと死亡リスクが高まります(ラーメン+ご飯 etc..)
  • 脂質を積極的に摂りましょう
  • 脂質は「健康被害」にはなりにくいです

という点。要は、「正しい“糖質制限”であれば、健康にはかなり良い」とされているんです。

ただ、むしろ「逆」の意見の方が多いのが事実ですよね。

 

◆糖質制限はダイエットの敵!という意見が一般的?砂糖博士も力説

「砂糖」は健康に良いと力説するのが、“砂糖博士”こと三井製糖の奥野さん。

何より、最近の「糖質制限ダイエット」に対しては批判的な意見が強いですよね。

糖質が不足すると、人体は摂取したタンパク質や脂質をエネルギーに変えますが、それでも足りない場合は体内の筋肉を分解して補うため、筋肉量が減ってしまいます。

筋肉は糖質を消費する役割も担うので、糖質制限を続けると、かえって太りやすい体質に変わってしまう場合もありえる、と説明します。

Ref:THE PAGE

  • 糖質不足で飢餓状態になると、筋肉量が減る
  • 筋肉量が減ることで、基礎代謝量が下がる
  • 太りやすくなる

一般的な「糖質制限ダイエットの危険性」を説きつつ、砂糖は体には必要と力説する研究者でもあるんです。

  • 砂糖は免疫力を上げる
  • 細胞を作ることで健康効果が高まる
  • でも、虫歯には注意

砂糖博士の主張こそ、「甘いもの好き女子」からすれば頷きたくなりますよね。

 

◆糖質制限ダイエットは「バランス」を取って!独学の糖質制限は危険

スマホ老眼対策

本屋には当たり前のように「糖質制限」の書籍が多いですよね。

確かに、著名人も「糖質制限」をしている人が多くて、最近ではライザップが主流に。糖質制限=痩せるというイメージは強いものです。

でも、独学での糖質制限は、無理すると「摂食障害」の引き金になったりすることもあるので要注意。

と言うのは、糖質制限を続けていると、必ず「痩せない壁」が襲ってくるんです。

そんな時に、運動をせずに「より“糖質制限”を継続する」=「食べない」となってしまうことで、拒食症になったりする危険性も

最近は、くら寿司の「糖質制限オフメニュー」も話題になったりしますが、何事も“バランスよく”が健康にもダイエットにもいいはずですよね。

 

まとめ

Twitterでも同様に「そりゃ、全体の6割炭水化物なら早死にするよ……!」といったツッコミも多数。

ただ、糖質制限の論争が起こるようになって「脂質=悪」という考えは減ってきていますよね。

グラドルでも多いのが、「焼肉ダイエット」。

炭水化物をあまり摂取しない代わりに、お肉(脂質)はなるべく多めに摂るという人は多いですよね。

健康にもダイエットにも、糖質制限は“ほどほどに”が大切なようです。

糖質制限 健康 ダイエット

気になったらシェア♪