おすすめ!映画ナラタージュに感動…「観てはいけない理由」

ナラタージュ 有村架純

主演 松本潤さんで、ヒロイン役に有村架純さんで「濡れ場」もあるのが、映画ナラタージュ。

実際に「観る価値があるかどうか」は人それぞれの立場によるんです。

「禁断の愛」が背景にあるナラタージュで、“観てはいけない理由”が「感動」という視点に隠されているんです。

 

 

◆ナラタージュも…過去の恋愛を忘れられない人は「観てはいけない」

ナラタージュ
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

松本潤さん演じる高校の時の恩師・「葉山 貴司」を忘れることができないのが、有村架純さん演じる工藤 泉。

いずれ大学生になり、坂口健太郎さん演じる小野 玲二との交際が「葉山先生への“決別”」になるはずだったものの……!

女性の中には、高校の時の恋愛が忘れられないという人はいませんか?

例えば、高校の三年間をともにした同級生。だめだとは分かっていても、好きになってしまってこっそり手を繋いだことのある、学校の先生。

その先生に奥さんがいると、その甘酸っぱい気持ちって心の奥底に封印しなきゃいけないですよね。

それでも人生に一度は、「好き」という気持ちが抑えられない相手に出会うもの。

映画ナラタージュは、松本潤さん演じる葉山先生と、元教え子の泉との「禁断の愛」に涙することは間違いなし。

もし、「昔の恋愛が忘れられない」という人は、観ている時点で涙腺が崩壊することは間違いないんです。

できれば、“観ないこと”が、自分自身の「封印した過去の想い」をそのままにできるはずですよ。

 

◆映画と原作は違う?「叶わない恋」を観たくない人はおすすめできない

ナラタージュ 有村架純
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

男女の恋愛関係で「叶う恋」と「叶わぬ恋」の比率はどれぐらいなんでしょうか?

もしかしたら、1:9以下かもしれませんよね。

しかもそれが、「絶対に一緒にいたい相手」でも、「絶対に一緒にいることができない相手」だった場合、生きているだけで胸が締め付けらるはず。

目の前に溺愛する人がいるのに、結ばれないもどかしさ。でも、結ばれなくても“一緒にいる時間”がかけがえのない相手だった場合、その刹那の感情ほど「幸せ」なことってないですよね。

胸が締め付けられる相手と“一緒に一瞬いる時間”と、“離れていて、思い出して苦しい時間”、どちらを選ぶべきなんでしょうか?

映画「ナラタージュ」でも、観ていて「胸が締め付けられる」という人ばかりになるはず。

それでも「どうしても観たい」という人は、松本潤さん演じる葉山先生と、有村架純さん演じる泉との「禁断の愛」を見守ってきてくださいね。

 

まとめ

有村架純 ナラタージュ
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

映画ナラタージュは、まさに甘酸っぱい「純愛ストーリー」。

誰しも、一度は経験した想いを思い起こさせてくれるのが「ナラタージュ」なんです。

ただ、昔の恋を忘れることができない人には、観ること自体がつらくなるかも……。

静かに流れつつ、自分自身の甘酸っぱい感情や昔の恋を連想させてしまう“泉の姿”にも注目してみてくださいね。

【映画ナラタージュ公式サイト】

http://www.narratage.com/

ナラタージュ 有村架純

気になったらシェア♪