栗原類も!大人の発達障害「ADHD」は信頼できる人が鍵

栗原類 発達障害

栗原類さんといえば、もともとモデルで「アウトデラックス」でも活躍していますよね。

TVや著書でも「大人の発達障害」で「ADHD」であることを告白しているからこそ、周囲の理解もあるもの。

ただ、栗原類さんのように「自覚症状」がなかったり、自覚していても「周囲に打ち明けられない」という人は多いんです。

栗原類さんのいうように、「信頼できる人を一人でも作ること」って大事ですよ。

 

 

◆発達障害でコミュニケーションに入れないもどかしさ

栗原類 発達障害
By:ADHDガイド

栗原類さんにかぎらず、周囲の「意図すること」をそのまま理解できないからこそ、発達障害で苦しむ人が多いんです。

例えば、皮肉を言われても「そのまま解釈する」というのはよくあることでは?

また、感受性が強い割に、人の意図する発言がそのまま受け入れられずに「コミュニケーション」に苦労する人も多いんです。

学校や職場では、基本的に「和」や「集団での協調性」が求められることが多い日本。

栗原類さんのように、「きちんと“その言葉の意味”を説明してほしい」とお願いしても、反発されることや無視されることが多いのも「ADHD」の人の悩みだったりしますよね。

 

◆栗原類から学ぶ「信頼できる人を一人でも」と「世界を広げる」は大事

栗原類 発達障害
By:ママテナ

「発達障害」の場合、建前が「ストレートな意見」に聞こえたり、本音が「なぜそう発言されるのか」が分からないことが多いんです。

なので、少なくても一人“心から信頼できる人”を一人でも作ることがとても大切ですよね。

気兼ねなく「ホンネ」を話せる人がいると、本音や建前の“なぜ?”を教えてくれることも。また、あの櫻井翔さんも「人間関係」で苦労していたと思われる一人なんです。

ニュースキャスターとして語ったのが、「学校や職場だけじゃなくて、もっと違う世界の人と関わってほしい。それが僕は“ジャニーズ”だった」というのは、櫻井翔さんらしい発言でしたよね。

  • 信頼できる人を一人でも作る
  • 世界観を広げて「塞ぎ込まない」

なかなか理解されにくい「発達障害」だけに、試行錯誤しながら「自分の世界」を広げていく栗原類さんは尊敬できる一人という方も多いのでは?

 

まとめ

最近はネット上でも「コミュニケーションの齟齬」で苦労している人も多いんです。

それがリアルの世界になると、より辛辣な雰囲気を味わうなんて人も多数。

栗原類さんは、発達障害といっても自分自身の夢を叶えた一人ですよね。

栗原類さんのように、信頼できる人を見つけて、広い視野で世界を見ることができるようになることこそ大切なのかもしれませんね。

 

※本記事は「薬機法(薬事法)」に留意した記事内容です。

※本記事は、心療内科医師および整形外科医師のアドバイザーによる執筆内容です

栗原類 発達障害

気になったらシェア♪