しょこたん愛猫 マミタス死去…ペットロスによる精神状態

マミタス 死去 ペットロス

しょこたんこと中川翔子さんといえば、かなりの愛猫家であるのも有名ですよね。

愛猫である「マミタス」の頭を口に含むこともあったりと、かなりの愛猫ぶり。

でも、愛猫や愛犬が死去し、自らの近くから去った後の「ペットロス」は、他人が思う以上に苦しいものなんです。

中川翔子さんといえば、かなり感受性の強いタイプ。

「ペットロス」による精神状態は大丈夫なんでしょうか?

 

 

◆中川翔子 マミタスは「相棒」…!ペットロスで精神状態が不安定に

「愛猫」という存在は時に、「人間の家族」以上の存在になることもありますよね。

特に、感受性が強すぎて「人には感性を出せなくても、愛猫には全てを出せる」という人にとっては、愛猫なくして自分の人生はないといっても言い過ぎではないんです。

どんなときも「思い出」や「辛い時」を過ごしてきた相手だけに、人間である身内が死去する以上にツライのが、愛猫や愛犬の死去。

特に、しょこたんこと中川翔子さんは「マミタス大好き!」といったことがブログやTwitterでわかりましたよね。

マミタス
By:Twitter

“最愛の相手”を失うほど、精神状態は不安定になるのは当然ですよね。

特に愛猫家や愛犬家に危惧されるのが「ペットロス」による精神不安定なんです。

 

◆中川翔子は大丈夫?ペットロスで情緒不安定にも

猫は日頃「自由奔放」なので、ゴロンと寝ていても“寝ているのかな”と思いがちなんです。

だからこそ、寝そべっていても「今、お昼寝しているのかな?」と思いがち。なので、“急死”というショックを受けてしまうと、自分自身が心理的に受け入れることができない「ペットロス状態」になることも。

ペットロスは、文字通り「ペットを失う事」である。

ペットを失うと、様々な心身(精神的・身体的)の症状が起こる。

これは、ペットと共に過ごす事によって培われた深い愛着・愛情が、突然に訪れるペットの「死」や行方不明などによって行き場をなくしてしまうことによって、引き起こされる症状だと解されている。

引き起こされる症状の程度については個人差が大きい。たとえば、子育てを終えた熟年夫婦にとってはペットが我が子同然の存在になっていることもあり、ペットを失ったショックもまた大きい。

ペットロス症候群とは、ペットとの別れなどというストレスが契機となって発症した精神疾患(症候群≒病気≒疾患)を言い、精神症状に付随して身体症状を伴う場合も少なくない。

Ref:Wikipedia

あれだけ「マミタス💞」との愛情ぶりを見せていた、しょこたんこと中川翔子さん。

愛猫との別れは時に「人との別れ」以上にツライことも。

最愛の相手だっただけに、中川翔子さんの精神状態が心配ですよね。

 

まとめ

「人生のパートナー」はいつしか、自分より先に逝去してしまうことが多いもの。

その相手が「愛猫」だったり「愛犬」だったりすると、特にそうですよね。

感受性が強く、時には周囲からも理解しがたい行動をする人ほど、ペットへの愛情&ペットからの愛情に救われるもの。

マミタスの冥福を心よりお祈りします。

 

※本記事は「薬機法(薬事法)」に留意した記事内容です。

※本記事は、心療内科医師および整形外科医師のアドバイザーによる執筆内容です

マミタス 死去 ペットロス

気になったらシェア♪