職場の女性のストレス…「ランチメイト症候群」の恐怖

ランチメイト症候群

女性にとって、人間関係の複雑さは毎日のストレスになりやすいですよね。

特に、職場での人間関係は「毎日のストレス」の原因になっている人が多数なんです。

特に憂うつなのが「ランチタイム」という人も多いのでは?

その原因が「ランチメイト症候群」なんです。

 

 

◆一種の拷問?ランチメイト症候群の苦痛でストレスに

ランチメイト症候群

男性と違って、女性は「集団」で行動することが多い傾向があると言われますよね。

よく例えが出るのが、学校での「トイレ」での例。

男性は一人でトイレに立つことが多いものの、女性の場合は理由をつけて「一緒にお化粧直し」なんてことも多いと言われますよね。

男性が「孤立状態」でも特に何も感じにくいのに対して、女性の場合は「孤立状態」の視線に苦痛を覚える人も多いんです。

そんな「孤立恐怖症」に陥った女性が集団を形成するのが、職場であれば「お昼休み」。

例えば、ご飯に立つタイミングで迷った女性も多いのでは? 実はすでにそこから、「ランチメイト症候群」のストレスが始まっているんです。

 

◆楽しそうなのに?男性には理解できない女性の「ランチメイト症候群」

ランチメイト症候群

「なんで女って、お昼にご飯食べるときも喋りっぱなしなの? 何で集団なの?」と疑問に思うことも多い男性も多いんです。

「楽しそうだけど、もっと早く食べればいいのに」という意見は分かるものの、女性には女性の「暗黙の了解」があるのがツライところ。

傍目から見れば「ニコニコ楽しそうに、ランチタイムを談話して楽しんでいる」なんて思われそうなものの、実は「ランチメイト症候群」に陥る女性はそれどころではないんです。

一時期、「便所飯」という言葉が流行りましたよね。一人でランチタイムを過ごすことが苦痛で、隠れて一人でランチタイムを過ごしてしまうこと。

その逆に、「ランチメイト症候群」のストレスに陥っているのは、無理やり集団に溶け込もうとしている女性なんです。

ランチメイト症候群(ランチメイトしょうこうぐん、ランチメート症候群とも)とは、精神科医の町沢静夫によって名付けられた[1]コミュニケーションの葛藤で、学校や職場で一緒に食事をする相手(ランチメイト)がいないことに一種の恐怖を覚えるというもの。

Ref:ランチメイト症候群 – Wikipedia

女性ならではの「コミュニケーションの葛藤」=「ランチメイト症候群の増加」につながっているものの、ランチタイムの女の世界はかなりヤバイですよね。

 

◆ランチメイトに「派閥化」の争いがすごいことに

ランチメイト症候群

「ランチメイト症候群」で苦痛を覚える女性からすれば、一人でマイペースに食事をしている人は羨ましく思えますよね。

でもランチメイト症候群だと、どうしても「集団に依存する」ということになりがちなんです。

  • お弁当を食べるタイミングに躊躇する
  • 誰かが先にランチタイムに出ると、自分も休憩に入る
  • ボス的存在の女性には同調せざるを得ない空気に
  • 密かにAという派閥とBという派閥で嫌味攻撃が多い
  • 声は高らかなのに、実は内心は「イライラ」していることも
  • ランチメイト症候群を解消するために、無理やり話を合わせる

最近は、「職場に着ていく服装」でうつ状態になる女性も増加中。

「ユニクロだとダサい」、「コーディネートがきちんとできていないから視線が怖い」、「陰口を逃れるために自分を偽る」なんて女性も増えているのは、ある意味「危機的状況」なのかもしれませんよ。

 

まとめ

傍目から見ると「楽しそうにランチタイムを過ごしているな~」と感じている男性管理職は要注意。

実はその集団、単純にピリピリした毒をぶつけ合っているだけかもしれませんよ。

「一人ではご飯を食べることができない」

そんな「ランチメイト症候群」に陥った女性の“職場でのストレス”は、今後も悩む人が増えそうですね。

ランチメイト症候群

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA