子連れ再婚のメリットとデメリット…バツイチはつらい?

子連れ再婚

人それぞれ、「子連れ再婚」を選ぶときには悩むものですよね。

離婚する夫婦が増える中、女性の「子連れ再婚」も急増しているんです。

ただ、多くの女性が「バツイチであること」を引け目に感じがち。特に、相手の男性が“子ども好き”であっても、実際に子連れ再婚となると「再婚後に苦労した」なんて話もありますよね。

子連れ再婚、メリットとデメリット両面あるものの、バツイチ女性が“本当の幸せ”を手に入れることは不可能なんでしょうか?

 

 

◆バツイチ女性を「意識する人」と「意識しない人」

子連れ再婚

子連れ再婚では、相手の男性が「子どもが好きかどうか」というのは最も重要なポイント。

ちなみにそこをきちんと知っておかないと、子連れ再婚後に「大失敗」する人も多いんです。

最初から「バツイチ女性に抵抗がある」という人は多いもの。と言うのは、女性のお子さんを見て「前の旦那さんの影」を気にする男性が多いからなんです。

バツイチ女性を“意識してしまう”という男性の場合、子連れ再婚では「苦労」することが多いんです。

 

◆子連れ再婚で「苦労すること」とは

子連れ再婚

子連れ再婚で「苦労」といえば、家庭内での男性の変貌。

付き合っているときは「この人なら、“子連れ再婚”しても大丈夫かな……?」と安心できるような場面が見えて安心しがちですが、結婚後に「変貌」してしまう男性って多いんです。

  • 結婚のストレスで「子連れ再婚」であることを非難してくる
  • 結婚後に、自分自身の子どもに暴力をふるうようになった
  • 子連れ再婚というだけで、姑からいびられることが多い
  • 子どもが原因の喧嘩が増える

デメリットばかりだと思われる「子連れ再婚」。もちろん、「良いこと」や「再婚してよかった」という人も多いですよね。

 

◆バツイチ女性でも気にしない!子連れ再婚のメリット

子連れ再婚

最初の結婚では「相手の全て」を見抜けずに失敗した女性という人も多いはず。

結果的に「子連れバツイチ」となると、昼間も働かなくてはいけないし、夜は子どもの面倒ばかりを見て「毎日が苦痛なほどツライ」という人も多いのでは?

そんなときに「本当に相性のいい人」と出会える確率も高いのが、バツイチとしての再婚。

相手を探す目が慎重になり、「本当に自分に合うか」「子連れ再婚でも苦労しないか」という“女性としての野生の勘”が働きやすく、「いいパートナーと巡り会える確率が上がる」というのはメリットですよね。

逆に、再婚を急いで「子連れ再婚」をしてしまうと、デメリット部分のトラブルに合いやすいもの。

自分自身の幸せと、お子さんの幸せ両方を考えると色々と「考えてしまう」という女性も多々。

ただ、あまり懐疑的になりすぎても「男性不信」になりそうなのもつらいところなのかもしれません。思い切りの部分と、慎重な部分、両方が必要なのが「子連れ再婚」なんです。

 

まとめ

子連れ再婚とはいえど、幸せになる権利がないと考える女性もいるんです。でも、あまり自分自身の「過去」を責めても仕方がないもの。

「自分自身と子どもにとって、何が幸せか」と、「相手のことを本当に好きか」のジレンマに苦しむことも多いでしょうが、二度目や三度目は「素敵な結婚相手」に恵まれる人も多いですよ。

臆さず、大胆になりすぎずで幸せな結婚をしたいですよね。

子連れ再婚

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA