もう秋?急に涼しくなったときの「残暑バテ」の対策

残暑バテ 対策

「もう秋?」と疑ってしまうような9月の始まり。「急に涼しくなった」というときは、夏バテと同じぐらい注意した「残暑バテ」を起こすこともあるんです。

しかも9月は新学期で、学生の人は「行きたくない」と心まで病みがち。

急に涼しくなったときこそ、「だるいな」という症状からの残暑バテに注意したほうがいいんです。

 

 

◆秋に多い!「残暑バテ」で風邪も引きやすい理由

秋 風邪

急に涼しくなってきた季節は「エアコンの調整」にも苦労しますよね。

9月はまだまだ寝苦しい夜もあり、エアコンをかけたまま寝て「朝には寒い」なんて思いをする人も多いのでは?

「残暑バテ」から発生する代表例が「風邪」。

エアコン冷えが大きな原因になるものの、朝方の寒さと昼の暑さとの寒暖差で「自律神経が整いにくい」というのも原因になったりするんです。

特に、お腹を冷やすと腹痛と風邪のWパンチで「残暑バテの洗礼」を受けてしまうこともあるので要注意。

 

◆立ちくらみや倦怠感…仕事や勉強に集中できない症状も

急に涼しく 疲れ

地下鉄からの階段を上っただけで「立ちくらみ」が起こったり、オフィスに着くだけで「もう疲れている」なんてことがあったりするのも「残暑バテ」が原因だったりすることも。

日中もその症状が続き「仕事に集中ができない」なんて人は、夜に熟睡できていない可能性がありますよ。

自律神経の乱れでも起こる倦怠感ですが、その乱れは「季節の変わり目に体の疲れが抜けにくい」という症状からなんです。と言うのも、季節の変わり目は「寒暖差」に体が順応できないこともあるため。

一日中だるいと、何をやっても億劫になってしまいますよね。

 

◆秋を先取り?「スポーツの秋」&「入浴」で残暑バテ克服

残暑バテ 対策

残暑バテの症状の一つに「下痢や便秘」なんていう症状もあるんです。と言うのは、内臓が冷えることが原因だったりします。

寒暖差が原因で、お腹が冷えてそのまま内臓が冷えて「お腹を下す」なんてことがあるのも症状。

「残暑バテ」を克服するには、なるべく体の血行不良を解消するのが大事ですよ。

  • 軽い運動を朝 or 夜に30分程度行う
  • 入浴で体の芯を温める
  • 冷たいものばかり食べない
  • 心の不調の場合は、ストレス解消を心がける
  • ビタミンを意識した食事をしっかりと摂る

季節の変わり目は「心の疲れ」が出る人も多いですよね。

あまり気負わず、「涼しい秋の夜長」を楽しむぐらいの気持ちで「残暑バテ」を解消してみては?

 

まとめ

残暑バテの「残暑対策」で寝苦しい夜には、サーキュレーターなどを使用するのもおすすめ。

エアコンばかりだと、体が冷える原因にもなってしまいますよね。

残暑バテが多い秋の始まり。体調管理が難しい季節だけに、無理せずに体調を整えたいですね。

残暑バテ 対策

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA