20代からもシミ対策!シミにおすすめの「ハイドロキノン」

シミ対策

シミに悩まれている女性は、年齢問わず多いですよね。

「ファンデーションで隠しきれない……」というのは、20代から30代女性の多くが抱える悩みなんです。

お肌にキメがない女性は清潔なイメージを持たれることが少ないので、男性からも「肌汚ねぇ……!」と思われがち。

シミは「30代から40代の悩み」と思われがちですが、20代から対策をしておかないと40代には「シミおばさん」で悩むことが多いんです。

女性の美容で最も重要だと言われるスキンケア対策の中から、シミの対策方法についてまとめてみました。

20代、30代の若い女性こそ、ぜひ「シミ対策」を改めて考えてみませんか?

 

◆20代にも増加中!シミが出来るメカニズムから考える対策

シミ対策

肌の悩みを抱える女性に多いのが、「シミを消したい」という声。シミは年齢に関係なく、肌に与えるダメージによってできてしまうものですよね。

肌の層は何重かになっていますが、一番下の基底層にある色素細胞(メラノサイト)がメラニンを作ることでシミになってしまうので、「まだ若いから」といって対策をしないのはNG。

紫外線を大量に浴びることでメラニンが作られ、肌のターンオーバー(新陳代謝)が滞ると色素沈着がおきてしまいます。

紫外線にあたり肌を刺激することで、「メラノサイト」が肌を守ろうとする働きが出るので、メラニンが作られるというのが、シミの原因になってしまいますよね。

シミは、色素細胞(メラノサイト)の働きが活発になることと色素沈着が原因になってしまうんです。

 

◆シミにおすすめの美容成分で「ハイドロキノン」でシミ対策

シミ対策

今、シミに悩む女性に人気となっている美容成分があるのはご存じでしたか? それが、「ハイドロキノン」と呼ばれる成分なんです。

ハイドロキノンは別名、“シミ消し成分”とも言われるほど効果が高いと言われていますよ。

ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類

  • 炎症後色素沈着
  • 肝斑(かんぱん)
  • そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)
  • 日光黒子(老人性色素斑)

Ref:スキンケア大学

ハイドロキノンは様々な化粧品に配合されていますが、「ハイドロキノンクリーム」が最近の人気。

“シミ消し化粧品”として購入者からも2週間からの使用で、「シミが薄くなってきた」との声が多数寄せられているんです。

ただ、効果が高い反面、副作用にも気をつけなければいけない成分だと言われているんです。副作用には、赤みや湿疹、肌のただれなども。

効果はあるものの、人それぞれ体質によって「合う・合わない」があるので、まずはテストパッチなどしてみるのをおすすめしますよ。

ちなみに化粧品によって配合率も違いますが、2%以下の配合率のものがおすすめだと言われています。

 

◆多くの女性の悩み…シミを薄くするにはどうしたら良い?

シミ対策

身近なことで“シミを薄くする”にはどうしたらいいでしょうか?

シミは化粧を厚く塗って隠しても限界がありますよね。また、シミを根本的に消すことはできないので、「すっぴん状態」のお肌を見せることがコンプレックスの方も多いはず。

シミを薄くするには、インナーケアが大事なものの、ぜひ、シミ消し美容成分と言われるハイドロキノン配合の化粧品を利用するようにしてみてください。

シミをかなり薄くするには、通常の美白化粧品を利用していては効果に限界があるとの声が多いんです。

「シミ」には、肌の角層へ浸透しアプローチできる化粧品を利用する必要があるんです。

「ハイドロキノン」の配合された化粧品は他の美白化粧品とは違い、肌の奥までアプローチし肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進させることで、シミを薄くさせる成分があるのが◎。

「まだ試したことがない」という人は、ぜひハイドロキノン配合の化粧品を利用してみてくださいね。

 

まとめ

シミに悩まれている人におすすめの「ハイドロキノン」という美容成分についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

ハイドロキノン配合の化粧品は、若い世代からご年配の方までシミを薄くする効果が高いと、今人気の成分なんです。

毎日の忙しい生活の中で、簡単にシミ対策ができる「ハイドロキノン配合の化粧品」、ぜひ試してみてくださいね。

シミ対策

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA