真鍋かをり 「橋本&今井議員の代償の大きな恋」発言が波紋

真鍋かをり 代償の大きな恋

今井絵理子議員と橋本市議の「車中キス写真」がネット上で拡散されていて、「本当に本人たち?」という声と同時に「車中や新幹線で無防備過ぎる」という“噂”への強い当たりが特徴的ですよね。

大炎上とまではいかないのは、今井絵理子議員が言う「一線を越えていない」という発言によるものからでしょうか?

ただ、真鍋かをりさんが言うように「代償の大きな恋」で、今井絵理子議員も橋本市議も「辞職」へのカウントダウンが始まっているのかもしれませんよ。

 

◆今井絵理子議員と橋本市議のキス写真は「本物」なのか

橋本市議 今井絵理子 車
By:独女ちゃんねる

「一線を越えていない」と発言していた今井絵理子議員なものの、ネットでは「コラ画像」と思われる車中でのイチャイチャ写真が拡散中。

今井絵理子議員の輪郭にそっくりで、拡散されたものは「さすがにコラ画像でしょ」と信じている人は少ないですよね。

ただ、二人とも「議員」という立場でありつつ、新幹線では無防備に寝息を立てて「恋人繋ぎ」をして肩を寄せ合っていたのには、「税金から給与をもらう資格はない」というネット上の激しいバッシングも多いんです。


画像はイメージ

恋人繋ぎをしながら新幹線でぐっすり寝ていても、「移動時間は公務ではない」と指摘はあるかもしれません。

ただ、他の政治家の人はたとえ移動時間でも「自己啓発書」や「書類作り」で時間を無駄にすることがないようにしているもの。

二人がヘトヘトに疲れていたのには、大阪での3日間でのホテル宿泊が何か関係あるんでしょうか?

 

◆真鍋かをり 「なんて代償の大きな恋をしたんだろう」には同情の余地なしか…

真鍋かをり 代償の大きな恋
By:Twitter

真鍋かをりさんといえば、すっかりTVでの「ご意見番」的な立ち位置。今回の橋本市議の「架空発注疑惑」も、今井絵理子議員との「不倫疑惑」さえなければ発覚しなかったことですよね。

とくダネ!でも「事実ならまずい。事実でないなら、週刊誌を訴えればいい」と小倉智昭さんも発言したものの、今や橋本市議も四面楚歌。

今井絵理子・参院議員(自民)の不倫疑惑相手として報じられた橋本健・神戸市議(自民)が、今度は「架空のチラシ印刷で政務活動費700万円を受けとったのではないか」との疑惑をきょう23日(2017年8月)発売の週刊新潮で暴露された。

Ref:J-CASTテレビウォッチ

しかも橋本市議といえば、奥さんとは「離婚調停中」としながら「夫婦関係は破綻していた」という発言で、今井絵理子議員との不倫疑惑がかけられているんです。

たとえ「プラトニックラブ」でも、離婚調停中に新幹線で恋人繋ぎをするのはイメージとしては良くないですよね。

例え「火遊び」でも「プラトニックラブ」でも、橋本市議と今井絵理子議員が「窮地」に陥っていることは間違いなさそうなんです。

 

まとめ

芸能界にかぎらず、一般の夫婦も多いのが「不倫」。

せっかくパートナーがいるにも関わらず、婚姻関係がある中で“違う異性に恋をする”というのは、倫理観としてよくないという意見は多いですよね。

日本は外国からは「不倫国家」として認知されてしまう日は、これからも続いていってしまうんでしょうか?

橋本市議が「架空発注」がなかったことを、神戸市役所は固唾を呑んで見守っているのかもしれません。

民進党議員 山尾志桜里&弁護士倉持麟太郎の「不倫死ね」

2017.09.06
真鍋かをり 代償の大きな恋

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA