濡れやすい食材も大事!いつでもスリムな女性の秘密の習慣

濡れやすい食材を取り入れて「濡れやすい体質」に

「濡れやすい食材」ってご存知ですか? いわゆる「エストロゲン」や「イソフラボン」に含まれる栄養素を摂ることと、日頃の“習慣”でダイエット効果が高くなるんです。

いつでもスリムな美スタイルをキープできている女性は憧れますよね。

そんなスリム女子の朝から夜までの「秘密の習慣」をしっかりと押さえて、自分自身もスリムスタイルをキープしませんか?

 

◆夏は特に消費されるカロリー!恋人や夫婦での「夜の営み」

恋人や夫婦での「夜の営み」

実は「夜の営み」には女性としての健康効果も高いことが注目されますよね。

夏=暑い=肌の露出が多いなんて季節。出会いも多く、あるいは大切なパートナーとの肌のふれあいも多い季節。

これが冬になったら「寒いから密着しなきゃね」なんて万年・発情期の男性はともかく、夏も冬も秋も春も「夜の営み」ってダイエット効果もかなり高いんです。

例えば学生の場合、日頃は勉強や学校で忙しいもの。夏休みになると途端、パートナーと家にこもりがちになって「昼まで営んでいる」なんてこともめずらしくない季節。

実は営みによるカロリー消費は時間次第でかなり大きく、30分あたりで150kcalの消費。1時間なら300kcalで、営みが一日に3回、それぞれ1時間程度だと900kcalもの消費

ちなみに900kcalを消費するには、ジョギングでも10km以上20km未満ほど必要なので、ダイエット効果が高いのがよくわかりますよね。

 

◆濡れやすい食材を取り入れて「濡れやすい体質」に

濡れやすい食材を取り入れて「濡れやすい体質」に

ただ、女性は心のバロメーターも「夜の営み」に左右されますよね。

エストロゲンのバランスは、月経によって大きく変動してしまうものなんです。なので、日ごろから「エストロゲン」と「イソフラボン」、そしてその2つを栄養素が女性ホルモンとして活性化させる「たんぱく質」を摂取することが大事。

ちなみにエストロゲンやイソフラボンは、「豆乳」を摂ることが大事だとよく言いますよね。

他には食材で「アボガド」がおすすめなんだとか。ビタミンがたくさん含まれていて、女性の“活力”にいいんです。

アボガド

また、たんぱく質の摂取は「赤い肉」がおすすめ。グラドルが積極的に「焼肉」や「ステーキ」が好きなのには、糖質制限をしている傍ら、たんぱく質であれば“太りにくい”という効果もあるからなんです。

ただ、そういったたんぱく質やビタミン類を「女性ホルモン」に変換するには、やはりパートナーとの「愛の営み」が大事なんだとか。

体を高める条件
女性ホルモン(エストロゲン)、ビタミンA(βカロテン)ビタミンB2+パートナーと一緒に食べるひととき

Ref:“濡れやすくなる”食材でいい女に! 女性版「精力フード」とは?

女性としての“体のバロメーター”も、食材でしっかりとコントロールするのも大事なんです。

 

◆ちなみに…フリーの女性の秘密のダイエット習慣とは

スリムスタイル

「パートナーなんていねーわ!」とお怒りの女性もいるでしょう。

もちろん、フリーの女性でも「スリムな美スタイル」をキープしているきれいな女性は多いもの。

そんな女性も、挙げたような食習慣とともに、「間食をいっさいしない」ことと「夜20時以降は食べない」、あるいは「毎日の運動習慣がある」といった陰ながらの努力があるんです。

また、女性の中には一人で……なんて女性もいて、カロリー消費に密かに勤しんでいる女性もいたりするそうですよ。

 

まとめ

夏だけじゃなく、冬でも常にスリムなスタイルをキープできるのには「習慣」と「食事」、そして「運動習慣」が大事なのがわかりましたよね。

特に「運動」が苦手な女性こそ、パートナーとの「営み」によるカロリー消費はかなり大きいもの。

ちなみにキスをするだけでも「カロリー消費」されるので、「恋する女性はきれいになる」という秘密の理由は、そういったことなのかもしれませんね。

濡れやすい食材を取り入れて「濡れやすい体質」に

気になったらシェア♪