シャワーだけでは体臭が!夏でもお風呂に入るべき理由

summer shower

お風呂の時間はシャワーだけ。そんな人も多いのが夏ですよね。

とにかく暑いし、お風呂で入浴しても汗が出るだけと思われがちですが、しっかりとお風呂に入らないと体臭がすごいことになるんです。

シャワーだけでは落ちない「体臭」。

男性も女性も、しっかりと夏もお風呂に浸かることが大事なんです。

 

 

◆シャワーだけで体臭がひどいのは「汗腺」に秘密が

シャワーだけ お風呂 体臭

暑いからといって、浴槽に浸からないと「汗腺が弱る」ことはもちろん、「汗腺の汚れ」が落ちにくいんです。

冬は寒いので自然と「入浴習慣」があるものの、夏はお風呂に浸かると「汗が出るし、暑い」という理由で入浴を避けがちですよね。

でも、お風呂に浸かる習慣がなくシャワーだけで済ませると、汗腺が弱ってしまい汗をうまくかけない体質になるんです。

しかもそれが“嫌な汗”になり、汗腺から出る汗がとにかく臭い! アンモニア臭がまじった匂いが汗から出てしまうこともあるんです。

特に、エクリン腺という汗腺より、脇の下やバストトップ周辺に多い「アポクリン汗腺」から出る汗自体が“臭い”のに要注意です。

 

◆シャワーだけはNG!お風呂に浸かると汗腺の汚れが落ちる理由

summer shower

「けど、何でお風呂に入ることが大事なの?」という疑問に、「汗腺」といってもいまいちピンときませんよね。

シャワーだけで体を洗うのは、いわば体の表面の汚れを流しているだけなんです。

夏でもお風呂に浸かると、汗腺、つまり皮膚から汗が出る部分が開くことで、温熱効果と一緒に溜まった汚れが落ちるという仕組み。

ちなみに夏なので、ぬるま湯でも汚れは落ちやすいので無理して「熱湯」にする必要はありませんよ。

自律神経も整いやすいので、入浴習慣があるのは健康にもいいことなんです。

ただ注意したいのが「体の洗いすぎ」は、入浴習慣があっても体臭が逆にきつくなることです。

 

◆体の洗いすぎは「自浄作用」を低下させる!ゴシゴシ洗うのは避ける

夏 シャワーだけ 体臭

「夏は体臭が気になる」という理由で、お風呂に入るたびにゴシゴシ皮膚をこすりつけるように洗うのは、逆に体臭を悪化させてしまう原因になるんです。

その理由は、肌の「自浄作用」が低下すること。

もともと人間は「自浄作用」といった働きがあり、特に女性のデリケートゾーンでは注意が必要ですよね。

健康な成熟した女性の腟には、腟内に入ってきた雑菌や病原菌を自分の力で撃退する力があります。これを腟の自浄作用と呼んでいます。仕組みは次の通りです。
腟内には「デーデルライン桿菌(かんきん)」と呼ばれる菌が多数すんでおり、腟の細胞内のグリコーゲンという糖質を食べて、乳酸をつくり出しています。
腟内には常にこの乳酸があるため、一定の酸度、ペーハー4.6~5.0に保たれ、菌の繁殖や感染を防ぐことができるのです。

Ref:Weblio

つまり、洗いすぎることでpH値が狂うことで、お肌が自然に雑菌を死滅させる効果が下がってしまうということ。

なので、「匂いが気になる」ということで洗いすぎるのも、夏には特に気を付けたいことなんです。

 

まとめ

「夏のお風呂はシャワーだけ」という人も多いでしょうが、体臭を気にするのならばお風呂に浸かるのは大事。

肩こりや首こりなども解消され、自律神経にもいいとされるので「安眠効果」も期待できそうですよね。

夏は「暑い」からこそ、しっかりと「入浴」の習慣をつけてみてはいかがですか。

summer shower

気になったらシェア♪