「走る理由」なんてない?24時間テレビで走る意味と偽善

24時間テレビ 走る理由

「行列のできる法律相談所」でも明らかになったのが、2017年はチャリティランナーが「当日発表」ということ。

ヒントが「走る理由がある人」だったからこそ、様々な憶測が行き交いますよね。

Lomero過去記事『水卜麻美ことミトちゃん有力!24時間テレビ マラソンランナー』でも紹介したのが、候補が水卜アナかりゅうちぇるさん。

ただ、「本当に走る理由」を押し売りする『24時間テレビ』に、各方面から批難の声が相次いでいるんです。

 

◆走る理由なんてない!? 24時間テレビで100km走る理由とは

24時間テレビ 走る理由
By:マイナビニュース

「やらない善よりやる偽善」とはよく言ったもの。ただ、“なぜ走りたくない人が100km走るのか”には疑問を抱える人が多いですよね。

そもそもチャリティマラソンとは称しても、過去には100km走ったランナーには「ギャラ」が生じているのは有名な話。

24時間テレビのギャラは先程の総合司会が500万円から1000万以上。マラソンランナーのギャラは初代の間寛平は300万円だったと言われています。しかし、その後ギャラはどんどん上がり、400万円にギャラがあがり、2010年のはるな愛の段階でギャラは700万円と言われています。現在のギャラは1000万円と言われていますね。年々ギャラが上がるのもおかしなはなしだと思いますね。

Ref:Pinky Media

チャリティとは言え、実際には募金やスポンサーからの多額の“ギャラ”が生じているのも事実のようです。

そもそも、日テレ系列で「全国の日テレの地方アナウンサー」や「スタッフ」が力を入れるのに、“ノーギャラ”であればこれほど続いていないですよね。

過激な言い方をするならば、24時間テレビで「100km以上走る意味」はないに等しいんです。

と言うのは、走る意味なんて日頃、マラソンを嗜む人からすれば「人それぞれ」。

ネットでは「走る理由」=「ギャグで文字をたどって“りゅうちぇる”」なんて意見や、Lomero過去記事『水卜麻美ことミトちゃん有力!24時間テレビ マラソンランナー』でも挙げたように、「ダイエット」=「走る理由」だとすれば、“パワハラ”だとも言われかねない事態。

そもそもが「涙の押し売り」であり、「偽善の押し売り」とされることに、視聴者からも大きなため息がこぼれているのは間違いなさそうなんです。

 

◆さんまは「ギャラ」のせいで24時間テレビには出演しない

さんま 24時間テレビ
By:ナタリー

さんまさんは「24時間テレビ」には出演しませんよね。

その理由が「ギャラを募金することを拒否された」ということから。つまり、「チャリティ番組でも、ギャラという経費はしっかり受け取ってもらわねば困る」というのが日テレの思惑なんです。

「24時間テレビから出演依頼がしつこく来てたんだけど全部断ってやったよ。 あんな偽善番組は大っ嫌いだ。 誰がなんと言おうと俺は絶対出ないから。ヨダレ垂らした芸能人どもがこの番組でめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせにこれ以上貧乏人から金巻きあげんな。 チャリティーって言うくらいならおまえら全員ノーギャラで出ろよ!コノヤロー!! 」
ソース:ビートたけしのオールナイトニッポン

明石家さんま 「この番組はノーギャラですよね」
24スタッフ 「いえ」
明石家さんま 「ならそのまま募金に回してください」
24スタッフ 「そういう訳にはいきません」
それ以来、出なくなった。
byヤングタウン

Ref:ヤフー知恵袋

チャリティという名目なものの、スポンサーは必要。そして、視聴者はそのスポンサーに対しての対価が必要なので、ノーギャラであれば募金活動のみで、CMを流す必要はないはずですよね。

もちろん、出演者本人の思惑とは違い、事務所側の“意向”もあるのが24時間テレビ。

芸能界なので、そうそう簡単に芸能人を“ノーギャラ”で稼働させることは難しいというのが事務所側の意向なんです。

 

◆本当に「走る理由」がある人は「自発的に走る」

24時間テレビランナー 渡部
By:芸能ニュース.jp

「行列のできる法律相談所」で放送された、「走る理由がある人」はあくまでヒント。

「走る理由がある」というのは、一つのヒントであってそのままの「答」が用意されているわけではなさそうですよね。

そもそも酷暑の中、時間調整をしながら24時間走るというのは“受動的な意思”以外の何物でもないのでは?

あの東野幸治さんは「オレ、走りますよ!」と豪語しているのは、もちろん”ギャラ”のことを知っているから。新婚のアンジャッシュ渡部さんが”オレは無理”と否定しているとの正反対。

1000万円というギャラを引き金に、「走る理由」=「チャリティ」とする風潮は、営利主義以外の”理由”が見つからないのが現実では?

 

まとめ

そもそも、昔からある「24時間テレビは”偽善”」という叫び。

それに反して起こる声が「やらない善よりやる偽善」。

はたして「走る理由」が「チャリティ番組」に必要なんでしょうか? 2017年も「マラソンランナーの当日発表」で”視聴率”を狙っている日テレの思惑は隠せそうにありません。

水卜麻美ことミトちゃん有力!24時間テレビ マラソンランナー

2017.07.30
24時間テレビ 走る理由

気になったらシェア♪