わかる or イライラ?過保護のカホコへの共感度

過保護のカホコ

高畑充希さん主演で、その迫真の「過保護演技」に視聴者も釘付け状態。

ネットでは「これ、あかんやつやん」というキャラ設定に苦笑いするネット民から、「高畑充希ちゃんが可愛い!」という声まで様々なんです。

「共感する」や「イライラする」と両極端の反応があるんですが、もはやここまで振り切った演技だと「共感度」も増しそうな過保護のカホコ。

実は高畑充希さん自身も「実際にいたらイライラする」と、演技の方法に苦労していたようなんです。

 

◆高畑充希も苦悩!「吹っ切った過保護役」の天然キャラにイライラ

高畑充希 過保護のカホコ
By:ライブドアニュース

高畑充希さん自身も苦悩していたというのが、主人公であるカホコの演技。冷静さを取り入れると、どうしても「あざといだけの女」になってしまうことで、役の際立たせ方に迷っていたそう。

 「ドラマだから最低限かわいらしくしないといけなくて、最初は完全に“キャラ”にしてリハをやっていたら、ただのあざとい人になってしまって、これは気持ちが一生懸命じゃないと成立しないなって」と役作りに試行錯誤。

Ref:ライブドアニュース

主人公のカホコは、過保護に育てられてきた影響で「自我」がまだまだ芽生えないような状態。

そんなカホコの姿には視聴者も「分かる……複雑」といった声から「イライラする」と両極端。

カホコが出会い、そんなカホコを変えてくれそうなのが竹内涼真さん演じる麦野くん。

随分と辛辣な態度をカホコに取る竹内涼真さん演じる“麦野くん”ですが、この二人の掛け合いにも第三話以降に期待が寄せられるんです。

 

◆カホコ走りもヤバイ!昔より増えた「過保護」に自分を重ねる?

第三話では、“麦野くんへの思い”でいよいよ「遅れてきた反抗期」を見ることができそうな過保護のカホコ。

過保護のカホコ
By:Twitter

ここ数年から「モンペア」という言葉も当たり前になりつつあると同時に、「過保護」という子育て方針が目立ってきていると話題ですよね。

特に女の子の場合に「箱入り娘」という言葉が似合う人も増えているのでは?

  • 親が遠出させてくれない
  • 休みの日は友達と遊ぶより家族と過ごすことを優先してくる
  • 少しでも夜遅い時間に帰宅すると血相を変えて飛んでくる
  • 外面がいい親でも、家の中では自分の友達に毒を吐く
  • 自分の意見や主張を真っ向から否定してくる

「自分は『過保護のカホコ』は笑えない。一緒」という、過保護に育てられてきた方もけっこういそう。

昔よりも「過保護」が増えてきたと言われる時代。

自分自身をカホコに重ねる姿は、「嫌悪感」 or 「共感」のどちらなんでしょう?

 

まとめ

今後も黒木瞳さん演じる“カホコの母親”に対する反抗心が垣間見えそうな同ドラマ。

カホコの成長ぶりも楽しみですが、麦野くん演じる竹内涼真さんにも注目が集まります。

「違う意味でも面白い」と言われる過保護のカホコに期待ですね。

過保護のカホコ

気になったらシェア♪