鈴木奈々 おしっこ激白!海やプールでの排尿は危険?

鈴木奈々 おしっこ

鈴木奈々さん、AbemaTVの番組内での「海=トイレブス」が話題に。崖に隠れるようにしゃがんだら「おしっこ」をしている証拠だというんです。

番組内の企画で“ブス枠”ではなかった鈴木奈々さんも「海でするする! 大はしないけど」と爆弾発言。もはや、キャラ通しに命をかけるだけに、イメージも糞もない状況だった鈴木奈々さん。

ただ、海やプールでおしっこをする“健康被害”がある可能性も。それは、おしっこをする“当事者”に及ぶ場合もありそうなので、要注意。

 

◆プールでのおしっこは周囲にも危険…喘息の危険性も

プール おしっこ

海での「尿」による健康被害の前に思い浮かぶのが「プールでの尿」。

実はプールに含まれる塩素には「全てを消毒する」ということはなく、むしろ塩素と尿素が混じって化学物質を作ってしまうこともあるんです。

「尿に含まれる窒素含有成分は、プールの消毒剤と化学反応を起こし、トリクロロアミンという有害物質に変化します。トリクロロアミンは目やのど、鼻、肺を刺激して痛くさせます。長くプールにつかる競泳選手やプールで働く労働者にぜん息になる人が多いのですが、トリクロロアミンに長期間さらされることが原因と考えられます」

「米環境保護局の許容濃度を超える塩化シアンとトリクロロアミンを作り出すのに大量の尿はいらない。過去の調査で、水泳大会の後にはプールのトリクロロアミンの濃度が4倍になることがわかっている。また、水泳選手や監視員のようにプールでトリクロロアミンと塩化シアンに頻繁にさらされる人はぜん息などの呼吸器疾患になる可能性が高い。だからお願い、プールでオシッコはしないで」

Ref:J-CASTヘルスケア

尿に含まれる成分が、プールの消毒剤に反応して「トリクロロアミン」という有害物質に変化することがあるんです。

プールといえば、子どもがこっそりとおしっこをしているイメージが強いですよね。

できればこの夏は、衛生面を考えると「高級なプール」、例えばナイトプールで優雅にお酒でも飲んでいる方が楽しそうでは?

 

◆海でのおしっこは自分が危険?健康被害はない情報が多いものの…

海 おしっこ

海で尿を排出しても、海の塩分と尿素は混ざって“害はない”と言われやすいですよね。

むしろ海の中には魚がたくさん泳いでいて、プランクトンや魚による糞尿の方が“汚い”と言われるのも間違いないでしょう。

ただ、“海の外”はともかく“海の中”で尿をすると、膀胱にあまりよくないという主張も一部ではありますよね。

おしっこをすると、終わった時に尿が少し逆流しますが、海の中でやっていると、そのときに細菌なども交じって逆流し、体内に入ってしまう可能性があります。
それによって、最悪の場合は感染症などにかかってしまう危険も。

Ref:COCOIC

鈴木奈々さんのように「ビーチの岩に隠れて……」といった具合なら大丈夫かもしれませんが、海水内では確かに、尿をもよおした後の“海水内の細菌”が気がかりという人もいるかもしれませんね。

体質差はあるでしょうが、可能性はゼロじゃないのが怖いところ。

気になる人は、並んでもトイレに駆け込むか“鈴木奈々流・トイレブス”を敢行するしかなさそうです。

 

まとめ

男性の場合はその辺で簡単にできると言いますが、できればきちんとトイレでしてほしいと思う方も多いのでは?

サーファーやスイマーの大半が、海やプール内でおしっこをするといいますが、特にプールの場合はあまり良くないよう。

あまりに潔癖すぎると何もできませんが、せめてプールでのマナーは守ってほしいですよね。

 

Eye-catching image by

http://qulioplus.jp

鈴木奈々 おしっこ

気になったらシェア♪