コード・ブルー フェローが無能?ガッキー山Pの恋愛は…

ガッキー コード・ブルー

ガッキー演じる白石や、山Pが演じる藍沢の2ndまでの雰囲気とはまた違うのが「コード・ブルー3rdシーズン」ですよね。

何と言っても目立つのが、成田凌さん演じる灰谷と新木優子さん演じる横峯の“無能”ぶり。

ドクターヘリの一員として“研修医”であっても、対応があまりにもお粗末と初回で話題になりましたよね。

2話以降も“ありえない無能ぶり”をフェローは発揮してしまうんでしょうか。また、山Pとガッキーの恋愛要素の有無も気がかりですよね。

 

 

◆3rdシーズンに潜む失敗…?フェローの際立つ無能ぶりにイライラ

コード・ブルー 成田凌
By:コード・ブルー|フジテレビ

特に“無能ぶり”が目立つのが、成田凌さんが演じる灰谷俊平。医療への道を目指したのは、おそらく灰谷の“優しさ”が鍵となっていそうですよね。

医師の中には真面目でも、“なかなか融通がきかない”という人がいるのも事実。

誰しもが医学部を卒業すれば「医師免許」を手にすることになるものの、医師として臨機応変に対応できるかどうかは“研修医時代の経験”や、“医療にかける思い”からも左右されそうですよね。

成田凌さん演じる灰谷の場合は、医療にかける思いは熱いであろうものの、前期臨床研修医としての“経験・知恵”がなかなか身につかなかったんでしょうか?

2ndシリーズまでの山Pやガッキーとは対照的な姿に、「ヤキモキ」とする視聴者の姿が簡単に想像できそうですよね。

 

◆3rdシーズンで危惧される「山Pとガッキー」の恋愛要素

ガッキー コード・ブルー
By:まとめまとめ

3rdシーズンでは、「山Pとガッキーに恋愛要素も?」と噂されるネット上。

確かに3rdシーズンの第一話では、ガッキーが山Pを見つめる視線や他の小さな伏線があったりしましたよね。

ただ、視聴者の多くは「恋愛要素」を必要なしと考えている節があるんです。

あくまで「フェローがどう育つか」を楽しみにしている視聴者は多いのでは?

医療ドラマとしての位置づけのまま進行するのか、あるいは恋愛要素が絡まり「中途半端」になってしまうのかが気がかりという方も多いんです。

 

◆ガッキー・山P対立のフェロー育成が見ものになりそう

初回16.3%と、多くのコード・ブルーファンが楽しみにしていた結果が出た視聴率。

コード・ブルー3rdでも、あくまで「フェローの成長」が鍵になるのは間違いなさそうなんです。

そこで浮上するのが、ガッキーと山Pの対立と溝。

この対立や考え方の違いを通して、あくまで「恋愛要素はいらない」というのが視聴者の本音かもしれません。“無事に”恋愛要素皆無で、山Pとガッキーの姿を見ることができるんでしょうか?

 

まとめ

医療従事者からすれば、第一話でのフェローの姿に「ありえない!」という声は特に強かったはず。

前期臨床研修医を終え、後期臨床研修医としてはありえない態度だと思われがちなものの、そんなフェローの「成長の姿」が楽しみでもあるのがコード・ブルー。

山P演じる藍沢が、どのようにフェローと絡んでいくかにも注目が集まりますね。

コード・ブルー3rdシーズンで際立つ山下智久の棒読み演技

2017.07.18
ガッキー コード・ブルー

気になったらシェア♪