「ウチの夫」はどっち?仕事ができる・できないの妻の見解

ウチの夫 松岡茉優

土曜ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」では、錦戸亮さん演じる“夫”がひたすら仕事ができない姿が演じられていますよね。

対する“妻”の松岡茉優さんは、できれば夫は「仕事ができる夫」であってほしいのが本音。

現実にも「仕事ができる夫がいい」と思う女性は多いものの、なぜ“仕事ができる・できない”で男性を選り好みしやすいか、男性陣はご存じでしょうか?

 

◆仕事ができる夫=稼ぎが良い夫というイメージが先行?

ウチの夫 佐藤隆太 壇蜜
By:ウチの夫は仕事ができない公式Twitter

同ドラマでは、「ウチの夫」とは対照的に“仕事ができる人材”が揃う第一課チーム。特に、上司である壇蜜さんやチームを引っ張る佐藤隆太さんの“デキるビジネスマンぶり”が目立ちますよね。

どこか抜けていて、しかも詰めが甘い。人情にも弱くて、利益より感情を優先してしまう。

「まるで自分のこと?」なんて、錦戸亮さんのようなイケメンぶりとは“対照的”な男性のボヤキも多いのでは?

仕事ができる夫というのは、女性からすれば「稼ぎが良いから!」というイメージが先行しがち。確かに、ドラマ内でも壇蜜さんや佐藤隆太さんの「できるビジネスマン」ほどお金を持っていそうな雰囲気がにじみ出ていますよね。

 

◆仕事ができる夫=夢を熱く語る夫!? 女性は男性の「夢」に弱い

ウチの夫 錦戸亮
By:ガールズちゃんねる

仕事ができる男性ほど、キラキラと輝いている姿が目立ちますよね。

仕事ができる夫が毎日元気な姿だと、送り出す妻側も元気な気持ちになれるもの。しかも、そういった男性ほど将来の夢や先々の自分をイメージしていることが多いので、「頼りになる」と思われやすいんです。

女性は「かっこいい男性」に惚れやすいので、仕事ができる男性=目標や志が高いというイメージを持ちがち。

「俺の夢はロックだぜ!」とう“熱い男性”も、もしかすればメジャーデビューとなる可能性もゼロではないですよね。

 

◆仕事ができる「優しくない夫」vs.仕事ができない「優しい夫」

ウチの夫 松岡茉優
By:NAVERまとめ

もちろん、「ウチの夫」の松岡茉優さんのように、“仕事ができない夫”を抱える女性の方が多いのでは?

でも、家にいるときはニコニコしていて、家事も手伝ってくれる優しい夫。会社では“仕事ができない夫”でも、家では不満気なく笑顔で癒やしてくれる夫。

たとえ仕事ができる夫であっても、家ではイライラ。モラハラまがいの夫であれば「ATM」の3文字と化してしまうのも仕方なし?

最近話題の「旦那デスノート」が活用されている家庭もめずらしくはなさそうです。

 

まとめ

もちろん「仕事ができる夫」であることに越したことはないのが女性の本音。稼ぎという現実は、現実主義者が多い女性の本音ですよね。

でも「仕事ができない夫」であっても、家庭に何かを残してくれる夫なら、ドラマ内の松岡茉優さんのように“夫を応援したい”という気持ちになりやすいもの。

最悪なのは、「仕事ができない夫」で「家庭でも不満ばかりの夫」。旦那デスノートに描かれる男性の多くが、そういった男性なのでしょうか?

「ウチの夫は仕事ができない」に共感する夫婦続出か

2017.07.08
ウチの夫 松岡茉優

気になったらシェア♪