海&ワンナイトラブ!夏に待ち受ける男性の手口に後悔なし?

夏 ワンナイトラブ

夏といえば、海やプール! 同性同士で行っても、つい開放感に溢れちゃいますよね。

ナンパしてくる男性が“体目当て”と分かっていても、まんざらでもないのが“自分好みの男性”が声をかけてきた時。

「フリーだし、ちょっとぐらいなら……」の気持ちが、すでに男性の手口にはまっていることもありますよね。

ワンナイトラブは“意外と後悔しない”と言われるものの、相手によっては「後悔」があるので要注意なんです。

 

 

◆海の魔力?LINEをしつこく聞かれた女性の結末

海 ワンナイトラブ
By:美BEAUTE

夏といえば海ですよね。男性も女性も、夏の海は開放感に溢れがち。

特に男性がビキニ姿の女性を見る姿は、まるで獲物を狙う動物のよう。夏の海といえば、男性は「ナンパ目的」だったりすることも多いんです。

最近では「ソフトナンパ」が多くて、その場で少し話を弾ませるだけで「LINE」を聞くだけで終わらせるなんて男性も。

ただその後に待っているのはもちろん、“次のお誘い”。

「ご飯だけ! また会いたいんだ」と一回のワンクッションを置かれると、「この人、ワンナイトラブじゃなくて私のこと気になってくれたのかな?」と嬉しい気持ちになりがちですよね。

ただ会ってみると、ご飯といいきやお酒をガンガン飲まされ、目覚めたときにはラブホ。

あまり記憶がないまま裸で横たわっていたなんてことにもなりかねないのが、“夏の魔力”なんです。

 

◆意外と後悔しない?夏のワンナイトラブに後悔しない女性たち

夏 ワンナイトラブ

実は女性の4割が「ワンナイトラブは“アリ”」だと答えている調査もあるんです。

「夏の“ワンナイトラブ”はアリだと思いますか?ナシだと思いますか?」という質問を行ったところ、なんとワンナイトラブを「アリ」だと答えた女性が40%、「ナシ」だと答えた女性が60%。女性の4割がワンナイトラブに肯定的な意見を持っているということが明らかになったのです。

Ref:Menjoy!

もちろん、相手がタイプじゃないと願い下げなのは当然。

でもイケメンだったり、自分の好みのタイプだったりする場合は、“遠慮はしがちな態度”は取りつつも、意外とまんざらでもないのが「夏の女子」。

「たまになら、“ワンナイトラブ”もありかな」

そんな女性がビーチで待っているかもしれませんね。

 

まとめ

誘惑の多い夏、ワンナイトラブで男性の手口は様々。

  • 相手を本気で好きだと思わせる
  • ワンナイトラブだけだとは思わせない
  • 体目当てだとは思わせない
  • 年上キラーの大学生男子

欲望の多い夏。男性の手口は様々なものですが、「ワンナイトラブ」をした相手が旦那だったということもあるので、夏の出会いには何があるか分かりませんよね。

ただ、最も後悔が多いのが「妊娠&中絶」。夏のワンナイトラブはご計画的に♪

夏 ワンナイトラブ

気になったらシェア♪