暑い!夏の夜に途中で起きて眠れないときの対策

睡眠 悩み事

「暑い!」「眠れない!」という心の叫びは、余計眠れないことになりますよね。

特にエアコンの設定次第では、夜中に途中で起きて“さらに眠れない”なんてことにも。

夏でも夜に快眠をするには、日中の過ごし方で大きく変わるんです。特に、夜中に目が覚めて眠れなくなる対策の秘訣は“心地よい疲れ”なんです。

 

 

◆眠れない対策!エアコン+扇風機で「寒くない寝室づくり」で快眠

眠れない 夏
By:白熱家電ブログ

エアコンをつけて眠るかどうかで、「真夏の夜中の快眠」がどうなるかも変わりますよね。

さすがに酷暑&猛暑が続く今の日本で、エアコンなしで“快眠”は難しいのが事実。

眠れない対策のために、寝始めにエアコンをつけていて夜中にオフタイマーを設置する人も多いでしょうが、これは逆に快眠を妨げることになる可能性もあるんです。

と言うのは、いきなり夜中に暑くなると体が順応できずに、不快な体のサインで目覚めてしまうから。

結局、またエアコンをつけてしまったという方も多いのでは? 省エネということも含めて、眠るときは27度~28度設定で、扇風機やサーキュレーターを併用するのが「快眠」への第一歩ですよ。

 

◆ちゃんと疲れてる?夕方の軽い運動で快眠に

夏 快眠
By:MANGALA YOGA

“心地よい疲れ”は快眠への第一歩。ただ、快眠になるには日頃、ストレスをためない“心地よい疲れ”が必要なんです。

女性なら最近流行りなのがホットヨガ。夏でも汗を流すことで、汗腺も開き血中の毒素も体外に出やすいんです。ピラティスや普通のヨガもいいですよね。

時間がない女性は、夕方に少しでも運動をするのが快眠の秘訣に。例えば、バランスボールで軽い腹筋運動や、10~30分のウォーキングが“心地よい疲れ”につながるんです。

あまりに疲労しすぎると脳が逆に覚醒してしまうので、あくまで“心地よい疲れ”が鍵です。

 

◆最も大事!眠る時にストレスを感じない&考え事をしすぎない

睡眠 悩み事

眠る時にもっとも大事なのが、「ストレスフリー」の状態でベッドや布団に入ること。

眠る時にストレスを感じたままだと「交感神経」が優位になりすぎて脳が活発化したまんまなんです。しかも、考え事をした癖があるとより眠れなくなる可能性大。

ストレスは「快眠」をするには最も大敵なもの。

日頃から、ストレスを解消することがとても大事なんです。

  • 人間関係のトラブルを発散
  • 悩みは考え方で柔軟に対応する
  • 汗をかいてストレス発散
  • 生活習慣をきちんと正す
何がないことでも、日頃から意識して生活してみると「快眠」が待っているのは間違いないですよ。

 

まとめ

夏の夜はとにかく“眠りの浅さ”で悩む人は多いもの。

エアコンの調整はもちろん、日頃の生活習慣で「快眠」になるように心がけてみてくださいね。

睡眠 悩み事

気になったらシェア♪