花火デートのキスのタイミングっていつ?男性必見!

夏のデートといえば、花火デートが定番ですよね。特に、片思いのときの花火デートは、一緒に浴衣姿で歩くだけでも“キュン死”スレスレ。

そんな女子とは裏腹に、何を考えているかわからないのが男子の横顔。

花火デートだからこそ、「記念のキス」や「ファーストキス」のタイミングを知っておきたいですよね。

 

 

◆花火デートに向かう前はとにかく冷静に!食事なら「前菜」

花火デート キス

色気も何もないようですが、花火デートに向かう電車の中や車中はまさに「前菜」。

ドキドキする胸の高まりやハラハラ感は、お互いが空気で感じているもの。でも、無理して喋ろうとするとその空気すら壊れてしまいそうで、さらにドキドキ。

そんな“夏ならではのドキドキ”は、「花火デート」だからこそ味わえるもの。

日頃着慣れない浴衣に、やや汗ばむ背中。「この人、今何考えてるんだろう?」「花火、キレイかな?」とぎこちない空気すら味わうことが花火デートの「前菜」とも言えるんです。

 

◆花火デートでは手をつなぐことを「絶対に優先」するべき理由

花火デート キス

花火デートの大敵といえば「人混み」。でもこれって、言い返せば“手をつなぐ口実”にもなりますよね。

男性はシャイな傾向があるので、ちょっと手に触れるような仕草をすれば、男性は自然に手を引っ張ってくれるはず。鈍感な男性なら、むしろ「グイー」っと浴衣の袖を引っ張れば相手も気づいてくれるはず。

相手が本当に鈍感な場合は、ビンタの一発でもしておけば目を覚ますはずです。

 

◆花火が打ち上がってすぐに「キス」はさすがに早すぎ!

花火デート キス

女性と一緒で、好きな女の子との花火デートは男性も緊張しがち。

「キスしたい、でもいつすれば」「花火が終わった後は、どこに行けば」

なんて妄想も甚だしい男性なので、とにかく“がっつきやすい”男性が多いのも事実。スルメとビールを両手に、花火が打ち上がった瞬間にいきなりキスでもしてこようものなら、その瞬間に百年の恋も冷めること間違いなし。

「タイミング」って重要ですよね。

 

◆花火デート キスのタイミングは…?連発花火を狙う男子たち

花火デート キス

花火だって抑揚がありますよね。

最初はゆっくり“焦らすような花火”。少しずつ花火が打ち上がってきたと思ったら、最後には怒涛のような連発の花火。

男性の中には実は「キスのタイミング」をけっこう狙っていたりする人って多いんです。

花火に虜になっている女性、花火に夢中になっている周囲の人を横目に、自分に押し寄せて「キス」というシチュエーションは男女だれもが憧れるもの。

クライマックスの最中、皆が花火に夢中になっている時に「キスのタイミング」を狙う男子をもて遊ぶのも面白いかもしれませんよ。

 

まとめ

夏のデートといえば「花火デート」。花火って不思議な力がありますよね。

空に浮かぶ数々の花火につられて、カレが肩を寄せてきてキス。

最高のタイミングでのキスと同時なのに関わらず、秋になれば破局していることが多いカップルの多さはまさに「夏の魔力」かもしれませんね。

花火デートで分かる!優しい男子の見分け方

2017.08.05

気になったらシェア♪