寝たのに眠い?「眠い・だるい」が押し寄せる原因

ナルコレプシー

「しっかり夜寝たはずなのに、仕事や授業中に眠い」という人が増えていますよね。

しかもこれに加えて“だるい”という状態が続き、何をしていても上の空。職場や学校ではゾンビのように死んだ顔で、家に帰ってもソファに直行、なんて人も多いのでは?

実はこれ、自律神経の乱れはもちろん、睡眠の質がかなり落ちている可能性大なんです。

 

◆自律神経がアンバランスになりすぎ!交感神経と副交感神経

眠い だるい スマホ

深く眠れない原因の一つが「自律神経のアンバランス」。

自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」で成り立っているのは有名なものの、日中の交感神経が優位になりすぎた状態が深夜まで続く人が増えている理由は、「スマホ」にありますよね。

家に帰る途中もスマホ、トイレに行ってもスマホ、ご飯を食べながらスマホ、お風呂でスマホ、寝る前もスマホ、スキあらばスマホなんて人も多い現代。

「光」を見続けることで、視神経が刺激されたままになり「交感神経優位」な状態が続きやすいんです。

一般的には、22時を過ぎると自然に副交感神経優位になり“眠くなる”というのが健康な体質なものの、スマホを触りながら気付けば早朝だったという経験をしている人は多いのでは?

 

◆睡眠障害の可能性も?「ナルコレプシー」

ナルコレプシー

今、よく耳にする「ナルコレプシー」。仕事中なのに急な眠気に襲われたり、運転中に急に意識を失い事故を起こしたなんて人もいるんです。

てんかんとは違い、ナルコレプシーの場合は“急な脱力”が原因で眠気が襲ってくることがあり気を失うということではないと言われます(詳しくはお医者さんへ)。

ナルコレプシーは、簡単に言えば「睡眠の規則性」が整っていない状態。なので、眠っていても“眠りが浅い”ことや“悪夢ばかり見る”なんて人も多いはず。

ナルコレプシーの場合は、認知療法や薬物療法が必要な場合もあるので、真剣に眠気に悩んでいる人はお医者さんに行く必要があるんです。

 

◆生活習慣を正すことで「眠い だるい」が改善される

眠い だるい

花粉症のアレルギーなどで「眠い だるい」ということや、女性特有のホルモンバランスの悪化でだるいなどの症状も出がちですが、自律神経の乱れが“眠い だるい”といった症状を引き起こしていることも多いんです。

  • きちんとビタミンを野菜から摂取
  • ジャンクフードは添加物・防腐剤のかたまりなのでほどほどに
  • 一日に少しは「汗をかく」運動習慣をつける
  • 入浴癖がない人は入浴癖をつける
  • 就寝前の飲酒は控える
  • スマホを持って寝室に行かない
  • ストレスを溜め込みすぎない
  • 悩んだときはお医者さんへ
“当たり前のこと”が難しい時代。

まずはスマホをベッドに持ち込むのを止めてみませんか?

 

まとめ

特に「眠い だるい」となるのが月曜日。これは、副交感神経な状態から交感神経にスイッチが入っていないから。

「ブルーマンデー」な人が多いのは、これが原因であることも多いですよね。

日曜日の夜には少し体を動かしてみるなど、月曜日への準備も忘れず「眠気やだるさ」から解消される工夫を生活で取り入れてみましょう。




寝起き大丈夫?睡眠不足になっているときの対策

2017.03.09

月曜日に会社や学校に行きたくないときの対処法

2017.08.28

睡眠が大事!体の不調の原因とは

2016.09.21

良質な睡眠を!朝スッキリ目覚めて1日を快適に過ごす

2016.02.12
ナルコレプシー

気になったらシェア♪