恋愛離れ?サラダ記念日から七夕の流れが盛り上がらないワケ

renaibanare

7/6といえば俵万智さんでおなじみの「サラダ記念日」。独特のリズムとフレーズが素敵ですよね。

そして7/7といえば、織姫と彦星が出会う七夕。

素敵な「サラダ記念日」から「七夕」の流れなのに、最近って“恋愛離れ”なんて言葉も多いですよね。

しかも男女両方が「あまり恋愛しなくていい」と考える人が増えているんです。これの理由が知りたいですよね。

 

 

◆安定志向が強い!恋愛に刺激性を求める人が減少中

2015年のマッチアラームの調査で、恋愛に対して「刺激」よりも「安定」を求める人が増えているのがすでに分かっていましたよね。

恋愛嫌い
By:マッチアラーム

Q. 「安定」と「刺激」 恋愛に求めるのはどっち?(単一回答)
■男性の回答
安定 66.4%
刺激 33.6%

■女性の回答
安定 80.7%
刺激 19.3%

Ref:THE BRIDGE

男性が“刺激性”を求めるのが30%強いるのに対して、女性は19%!

男女どちらも恋愛に対して「安定志向」なものの、まだ男性のほうが刺激性を求めていることが分かっていたんです。

ただ最近は「草食系男子」から「絶食系男子」の増加もあり、もはや「ロールキャベツ男子」の出番すらなさそうな状況。

これ、「恋愛嫌いな人が増えた?」とよく言われますが、決してそういうわけではなさそう。

安定志向なので、「恋愛」=「結婚」を見据える人が増えているのも理由なのでは?

 

◆恋愛や結婚はしたくても…ブラック企業の低賃金に追われる人たち

ブラック企業への通勤 恋愛離れ

恋愛して毎日がキュンキュンした生活をしたくても、現実は早朝に起きて満員電車で通勤。隣には汗だくの会社員がいて、場合によっては吐き気すらもよおす場合も。

しかも退社時間が21時をすぎるなんて女性も最近は多数。

「働きたい」という女性社会を利用する企業にとっては、男女関係なく「低賃金」で働いてもらおうとしているのが現状の人も多いんです。

「今日、サラダ記念日なんだって~。新鮮なサラダ使ったポテトサラダ作ってるから、ドレッシングだけ買って帰ってきてね💞」

なんてLINEのやり取りをしている夫婦やカップルって、今の日本に何割ぐらいいるんでしょう?

 

◆七夕で恋愛どころではない?苦悩するOLたち

七夕 東京

結婚や恋愛に「安定志向」を求める人が増えてきたのは、“金銭面の不安定さ”が原因でもありますよね。

バブルの頃には「溢れるほどのお金を持っていた」なんて人も多いようですが、今の時代はまさに「大貧民時代」。一部の大富豪を除けば、毎日、通勤電車に揺られて会社に行くのは当たり前ですよね。

梅雨空に「織姫と彦星」を探しても、浮かび上がるのはネオンの反射と薄暗い雲、嫌いな上司や同僚なんて「絶望した心境」なOLの女性も多いのでは…?

 

まとめ

でも、そんなときだからこそ「サラダ記念日」や「七夕」で“小さな喜び”を感じることも大事では?

ちなみに野菜にも花言葉があるんだとか。


  • トマト – 感謝
  • トウモロコシ – 財宝
  • キャベツ – 利益
  • レタス – 冷たい人
  • キュウリ – 洒落
  • ブロッコリー – 小さな幸せ

安定志向を求める人は、せめてトウモロコシ、キャベツ、ブロッコリーあたりで「サラダ記念日」をお祝いしてはいかがですか?

renaibanare

気になったらシェア♪