ストレスやパニック障害が原因?堂本剛を襲った突発性難聴

堂本剛 突発性難聴

堂本剛さんといえば、昔から繊細な一人。パニック障害になったこともあり、ステージに立つのがつらい状況だった時期もありますよね。

その堂本剛さんを襲っているのが「突発性難聴」。原因は“不明”とされることが多いものの、引き金になるのがストレス。

心身症の一種だという見方もある突発性難聴ですが、堂本剛さんは無事にいられるんでしょうか?

 

 

◆悩みまくった10代~20代!堂本剛のパニック障害歴

堂本剛 パニック障害
By:NAVERまとめ

堂本剛さんはもともと、パニック障害を患った一人。パニック障害は精神疾患の一つで、人混みにいるだけで汗が止まらない、電車に乗ることができない、過呼吸になるといった症状も出てくるんです。

パニック障害の最初の症状は、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに強い不安や恐怖感を伴うパニック発作です。 パニック発作自体は、多くの場合20~30分くらいでおさまりますが、何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになります。

Ref:パニック障害ってどんな病気?

めまいはもちろん、頭痛や不安感が強く、ステージに立たなければいけない堂本剛さんにとっては辛い病気だったんです。

堂本剛さんの自著でも、「ありのままでいることができるのが一番」とあったものの、なかなか堂本剛さん自身の価値観や考え方を、うまく表現できない時期もあったんだとか。

「音楽」を通して、そのきめ細やかな感情を伝えるようにしていただけに、突発性難聴を患った状況だとさらに自己嫌悪に浸りかねませんよね。

 

◆突発性難聴は心身症の一種?ストレスや音楽が原因なことも

堂本剛 突発性難聴
By:http://tsfstlove.hatenablog.com

ENDLICHERI☆ENDLICHERIとして2005年から別名義で“堂本剛の音楽性”を伝えてきた、堂本剛さん。

独特の感情や繊細さを音楽に乗せることで、うまく「自我を保っていた」とコメントしたこともありますよね。

堂本剛さんに限らず、ミュージシャンは独特な感性を持っていることが多いので、うまく自分を表現できないという悩みを持っている人も多いんです。

突発性難聴を患ったミュージシャンで有名なのは、あの浜崎あゆみさん。現在は症状が好転しているという見方が強いものの、“悲劇の歌姫”として「突発性難聴」で苦しんでいるのは当時、かなり話題になったんです。

堂本剛さんの場合も、かなりの繊細さがある一人。

パニック障害を患ったのも、音楽性を突き詰めたのも、堂本剛さんの感性がなかなか表現できない世の中ということなのかもしれませんね。

突発性難聴の多くの原因が「ストレス」なのは有名。ただ、音楽に携わる人は、音楽を大ボリュームで聴き続けることで鼓膜にダメージが大きいとも言われるんです。

映画や音楽に、“多忙な時期”に差し掛かっていた堂本剛さん。ストレスをコントロールできない状況にあったんでしょうか?

 

まとめ

突発性難聴は、早期であれば回復が早いとも言われますよね。

中には、自分自身が突発性難聴になったことを自覚していないフェーズもあるんだそうです。

副症状としても、かなり辛い突発性難聴。

副症状
  1. 耳鳴り
    • 難聴の発生と前後して耳鳴りを生ずることがある。
  2. めまい、および吐き気、嘔吐
    • 難聴の発生と前後してめまいや、吐き気、嘔吐を伴うことがあるが、めまい発作を繰り返すことはない。

Ref:Wikipedia

 

堂本剛さんの早期の復帰が待たれますよね。

堂本剛 突発性難聴から復帰も…慢性化が心配される今後

2017.09.30

堂本剛の突発性難聴の復帰が難しい理由は「精神交互作用」か

2017.07.18

堂本剛は「仙人」?しゃべくりでの恋愛観や人生観も

2017.07.10
堂本剛 突発性難聴

気になったらシェア♪