仕事・恋愛・家庭・学校…どこにいても疲れる理由

ストレス イライラ

仕事や学校で「疲れる」というのはよく耳にしたことはあっても、現代のように「恋愛していても、家にいても、何をしていてもイライラしたり疲れる」というのは異常なことでは?

特に、息が詰まるというのが現代なら誰もが経験していることかもしれません。

どこにいても疲れて、何をしていても疲れる理由ってご存知ですか?

 

◆イライラは伝達する!電車でも運転でもイライラ

電車通勤 イライラ 疲れる

まさに何をしていても、どこにいても「イライラする」といったことや、「疲れることばかり」という人も多いですよね。

毎朝、満員電車に揺られて通勤・通学。休日は家族を連れてドライブでも、交通ラッシュでイライラ。

何をしていても、どこにいても疲れたり息が詰まるという思いをしている人も多いのでは?

家族内でも学校でも、もちろん職場でも「イライラ」は伝達するもの。誰か一人“不機嫌な人”がいた場合、そのイライラはその場全員に移っちゃうんです。

特に日本人の場合、「空気」を気にするのでその傾向が強いですよね。

 

◆スマホ・PCをいじっていてもイライラ…監視社会が疲れやイライラの原因

ネット 疲れる イライラ

ネットを見ていると誰かが匿名で愚痴をこぼし、それに釣られて誰かが愚痴をこぼす。

しかも、一人でも目立とうして悪意のあるネットの書き込みをすれば、個人情報まで特定されて家の周りまでスネークが押し寄せるなんて時代。

Twitterで少しでも顔を晒せば、家や学校・職場まで特定される時代に、誰もが「息が詰まる感じ」を覚えているのでは?

特に、ネットの世界はスマホやパソコンで繋がっていても、現実では素知らぬ顔をしている人が多いですよね。

一時期「ヘイトスピーチ」という言葉が流行ったように、現実ではニコニコしているような人がネットでは「●ね」など書いているなんてこともあるんです。

どこにいても、何をしていても“見られている感じ”に疲れている現代だと言ってもおかしくないですよね。

 

◆イライラ・疲れから開放されるために「一人になってみる」

ストレス イライラ

ネットの掲示板でもよく見られるのが、同調する人が増えれば増えるほど「ヘイト」が集まりやすいんです。

例えば、AKBの総選挙で結婚発表をした須藤凛々花さんや小出恵介さん関連のニュース。

ネットでも現実でも、“繋がっている感じ”が目に見えないのに、誰もがイライラしていることが目に見える時代なので、何をしていても疲れたりイライラしたりする人が急増しているんです。

これの解決方法は、スマホから離れたりして「一人になってみる」ということ。

極端な話、スマホも持たずに外出して代々木公園を一周してみる。近くの公園で散歩をしてみる。人混みから離れてみる。

それだけで、「情報の波」から開放されるんです。

特に最近人気なのが、友達とウォーキングしたりジョギングしたりして、体を動かしてストレス発散する方法。その時もコツは「スマホを持たないこと」なんです。

情報を自らシャットアウトして、自分の目や口だけで人と接する機会を作ることこそ、現代ならではの「疲れ・イライラ」から開放される手段かもしれませんね。

 

まとめ

ネット社会なので、何をしていても情報は目や耳に入る時代ですよね。

意識していなくても、情報が頭に入ってくる時代なので、誰もが「余裕」がなくなるのも当然なんです。

たまには現代の疲れを忘れて、一人でお散歩やジョギングをしてみてはいかがですか?

マインドフルネスのやり方は?脳の疲れ&イライラにも

2017.06.05

イライラを抑えるコツは「許す」精神

2017.04.26

常にイライラしている人の対処法とは

2017.01.15
ストレス イライラ

気になったらシェア♪