買春でも美人局でも…小出恵介任意聴取の行方と逮捕の可能性

大阪府警から任意聴取で「芸能界復帰」の5文字がさらに遠のくと思われる小出恵介さん。

これほどまでに話がもつれているのには、小出恵介さんと被害女性のほのりさんが「買春」でもなく、「美人局ではない」とほのりさんが主張し、ほのりさんの母親が「黒幕」だったと思われているからなんです。

しかも、大阪府の淫行条例が他府県に比べて“緩い”というのにも、今回、刑事事件になるかどうかがかかっていそうです。

 

 

◆狩野英孝の淫行はなぜ「逮捕」されなかったか

狩野英孝 淫行
By:マイナビニュース

ようやく半年の謹慎処分から芸能界復帰となった狩野英孝さんは、細々と舞台活動から復帰。

あの狩野英孝さんの場合、淫行として逮捕されなかったのには、「相手女性の親御さんの認知と了解」があったからなんです。

つまり、淫行というのは「親の了承無し」「相手を18歳未満として認識している」「無理やりの場合は強姦にもなる」ということなので、狩野英孝さんと淫行相手の女性とは「純愛」とまでクローズアップされたほど。

なので、半年という比較的緩い期間で芸能界復帰となったんです。

芸人でいえば、極楽とんぼの山本さんは「10年」という謹慎明け。山本さんの場合は「強姦」も伴っていたため、比較的重い罪だったわけなんです。

ちなみに、そのまんま東こと東国原英夫さんは、当時入った性サービスの女性が18歳未満だったということで逮捕。

まさに「ハニトラ」以上のトラップだったわけなんです。

 

◆小出恵介の逮捕の可能性は「ある・ない」が今回の争点

小出恵介 ハニートラップ

何も不可解な思いをするわけでもなく「ツーショット」を撮影される姿に、ネット上では「ほのりは美人局(ハニートラップ)だ!」と断罪を受けるかのような攻撃がされているものの、小出恵介さんが「18歳未満の女性に5回も“生挿入”でエッチをした」ということに変わりはないんです。

つまり、この状態であれば「淫行」だと思われがち。

ただ問題が、「1000万円の示談金」を支払ったとのニュースもあり、なおかつ相手の被害女性が建前上(?)、精神的なストレスで受け答えが難しいというのが、混沌とした状況である理由なんです。

  • 小出恵介とほのりさんの性交渉→「淫行」かどうかは本人の考えと母親の認識次第
  • 小出恵介さんが大阪府警から任意聴取される理由→強姦だったのか、相手が未成年だったと知っていたか、合意の元だったのか
  • 美人局疑惑→セラミック松村さんは完全否定。むしろ、小出恵介さん側へ恐縮している状況
  • ほのりさんの母親→示談金受取前日(不愉快)、示談金受け取り後(金遣いが荒い)ことから、示談金トラップの黒幕の疑惑がかけられている
  • ほのりさんは小出恵介さんに対して本当に「好き」という感情があった可能性(周囲の声や残ったLINEから、週刊誌から報じられる「無理やり・強姦」とは程遠い内容である)
  • ほのりさんと小出恵介さんの関係を「ほのりさん母親は認知していた」可能性

また、大阪府の淫行条例が他府県に比べて、比較的緩いというのも「逮捕」に至っていない理由の一つなんです。

逆に、相手が18歳未満であるからこそ問題になるのは、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(児童買春禁止法)に規定される児童買春(18歳以上と異なり売春そのものが処罰対象)のほか、特に本件で問題となるいわゆる淫行条例(本件では大阪府青少年健全育成条例)や児童福祉法に規定されている淫らな性行為(淫行)に該当する場合です(児童福祉法の場合は、雇用・師弟・親族というベースになる上下関係が前提となるようですので、本稿では淫行条例を中心に述べます)。

それぞれ、保護の対象である「青少年」や「児童」の定義として、”18歳未満の者”と定義されています。

ちなみに、相手が13歳未満の場合には、いかなる場合も許されず、刑法において強姦罪等で処罰されることになります。

Ref:Yahoo!ニュース

大阪府の条例では、

専ら性的欲望を満足させる目的で、青少年を威迫し、欺き、又は困惑させて、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと。

Ref:大阪府淫行条例 第34条2項

要は、小出恵介さんがほのりさんに対して「強制的に」、「騙したり驚かせたり」して性交渉に及んだ場合は、「わいせつ」な扱いになると言うんです。

もはや、弁護士でもどのような弁護となるか分からないものの、場合によっては、小出恵介さん逮捕、そして、逆にほのりさん側の「示談金の交渉をした人」が刑事罰を受ける可能性があるということなんです。

 

◆淫行条例は怖い!中には車に乗せただけで逮捕されたケースも

本格的な「ハニートラップ」や「美人局」で逮捕された一つの例で、「40代男性が出会いサイトで女性と出会う。相手が18歳未満と知り家に返したものの、18歳未満女性が車に乗ったことで“逮捕”」となったケースも。

最近は「痴漢冤罪」が話題になっていますが、こういった場合、相手との会話をきちんと「録音」しておくことが大事なんです。

小出恵介さんの場合はお粗末にも、相手の女性に対して何ら罪悪感はなかったというのが気がかりですが、もともと女癖が悪かったんでしょうか?

淫行条例や強姦、両親の認識下にある和姦であった場合と、状況は不透明。

小出恵介さんの謝罪会見では、何が語られれるんでしょうか?

 

まとめ

ちなみに、被害女性は状況次第では「加害者に加担していた」と思われていた可能性もあるものの、年齢が17歳。

なので、争点はほのりさんの周囲の人間、例えば、被害女性の母親やセラミック松村さんとなりそうです。

小出恵介さんの“火遊び”で事務所の損失は数億円。まさに血眼となるのも頷けますね。

気になったらシェア♪