ノンストップでも話題!ネット通販定期購入トラブル対処法

スムージー 通販 定期購入

ノンストップでも話題になっているのが「ネット通販」でのトラブル。

特に、“初回500円”、“送料だけ負担”、“初回無料”などの条件が多いので、「騙された!」と思ったときには、時既に遅しという方も多いのでは?

特に多い、サプリやダイエット食品、コスメのトライアルの対処法はどうすればいいのでしょうか?

 

 

◆ダイエットサプリ・スムージーも!初回500円の罠に陥る女性多数

スムージー 通販 定期購入

ダイエットサプリやスムージーで多いのが、「実質無料」「初回500円」といった文言。

ただこれ、「定期購入」が条件になっていると気づいている人が最近は増えていますよね。

確かに、ダイエットサプリメントやトライアルコスメには「罠」があるのも事実。

いい商品もたくさんある中で、「効果がなかった」と判断したときに、ズルズルとそのまま放置していた、なんて人は返品も難しいですよね。

 

◆ダイエットサプリメントの定期購入を「知らなかった」が大事

定期購入 トラブル

そもそも昔は、「定期購入が条件です」という文言を、LP(ランディングページ)と言われるところで大きく書いていなかったのが、多くの女性が「罠だった」と感じた理由なんです。

「初回は500円ですが、定期購入は毎月3,000円」ときちんと明示していれば、販売者は景表法違反などには問われません。

ただ、もしそういった文言がなくて、「定期購入だと分かりづらい」となった場合は、対処もできるんです。

  • クーリングオフ制度の利用(ただし購入から日数期限あり)
  • 定期購入を“知らなかった”という内容での「内容証明」の送付
  • 消費者センターでの相談

多くが「面倒だし、よくわかんない」という理由で躊躇しがちですが、“効果がなかった”と感じたサプリメントや、「お肌に合わなかった」というコスメを送り続けられるのも、「メルカリ行き」がせいぜいですよね。

もし「定期購入」を知らなかった人で悩んでいる人は、まずは消費者センターに電話してみるというのも一つの手段ですよ。

 

◆ただし「悪質なクレーム」は意味がない?

定期購入 クレーム

とは言え、「飲んでも痩せなかった!」や「自分好みの香水の香りじゃなかった!」といった理不尽な返品内容が溢れかえっているのも事実。

クーリングオフ制度の期間も短く、結局、「自分の思った通りじゃなかった」という商品でも、きちんとした理由がないと返品ができないという人も多いですよね。

特に、電話で怒鳴って販売者に問い合わせても門前払いされるのがオチ。きちんと、「理由」を理路整然と説明できれば、販売者も対応してくれるはず。

悪質な業者の場合、販売しているサプリメントが「絶対に痩せる!!」などの文言があった場合は、「景表法」や「薬機法(薬事法)」に違反している可能性もあるので、まずは専門家に相談するのが大事かもしれませんね。

 

まとめ

ただし、全ての通販商品が全て「悪」だとはかぎりませんよ。

中にはいい商品もたくさん。

本当に自分にあったサプリやコスメが何なのかは、自分なりにしっかりと調べることも大事ですよね。

スムージー 通販 定期購入

気になったらシェア♪