LINEで男性に「好き」と思われる送り方や内容とは

Line love

コミュニケーションツールとして当たり前になっているLINE。

ただ多くの男性が「LINEは面倒」と思うところはあるものの、女性のLINEの送り方で「こいつのこと、絶対に好き」と思ってしまうようなLINEの送り方や内容あるんです。

男性は単純なところもあるので“想像させること”が大事ですよ。

 

 

◆LINEでは「付かず離れず」を意識するのが大事?

line love

男性が女性からのLINEで“うざい”と思うのには、女性側からのLINEがめちゃくちゃ多いというのも一つの理由。

特に、「内容もないのに、スタンプだけ連発されても意味分からない」と内心怒っているという男性も多いですよね。

“好きすぎる”という気持ちが強くなればなるほど、好きな男性とLINEしたいと思うのは当たり前のこと。

でも、男性側が「こいつとずっとLINEしたい」と思わせるには、送り方や内容には気をつけたいですよね。

 

◆思わず妄想MAX!女性のセクシーさを想像させるようなLINE内容

line love

男性は性的な内容のLINEには食いつくもの。例えば、夏の水着の写真が送られてくると「即、保存っすね!」という男性もめずらしくないもの。

男性は性的なところでは単純なところがあるので、女性のセクシーさを意識させるような内容のLINEは効果的。

たとえば、「今、お風呂上がり! まだ着替える前なんだよね」といった内容だと、男性の妄想は極限状態。

片思い状態の場合、少しだけ足をうつした写真をLINEで送れば、男性のムラムラはもはやMAX状態なんだとか。

他には、「友達と温泉なう」なども効果的。

「温泉」=「全裸」と想像させつつ、男性の“エロ心”をくすぐると、「こいつ、今どんな姿なんだろう?」と男性のエロ心理をつつけることは間違いなしなんです。

 

◆即レスNG説は嘘?メリハリなLINEの送り方で男性を意識させる

Line love

「即レスは男性にとって負担」といった意見もあるように、即レスしたくても“しないほうがいい”と思う女性も多いのでは?

でも、実は男性も“好きな女性”だと、「即レスLINE」は嬉しいもの。

ただし、それが「長時間」続くと、男性側も疲れてしまいがちなんです。なので、即レスできるときは即レスして、「男性側が疲れてきたな」と思ったタイミングで、あえて既読スルーするのも一つのテクニック

「あ、●●君が眠そうだったから」だとか「あれからお風呂入ってて、●●くんに迷惑かなと思って」といった内容だと、男性は「こいつ、めっちゃええ女やんけ」と思うこと可能性は高そうですよね。

 

まとめ

恋愛やLINEの送り方・内容に「多少のテクニック」は必要なものの、基本は「相手のことを考えること」が大事ですよね。

うまく男性の心理をつつきながら、「こいつのことが”好き”」と思わせるような内容で、男性から好かれる恋愛術を身に着けてくださいね。

Line love

気になったらシェア♪