ミヤネ屋でも話題!「天気痛」の解消法・対策は自律神経に

ミヤネ屋でも話題になっているのが「天気痛」。

簡単に言うと、気圧の変化や気温の変化により自律神経がアンバランスになり、頭痛やめまいなどの身体症状が出ることなんです。

交感神経優位になっている際には、「天気痛」はひどくなりがちですよね。解消するにはどうすればいいでしょうか?

 

◆「ミヤネ屋」で話題になった天気痛に苦しむ人多数

ミヤネ屋で放送された天気痛。

季節の変わり目や雨の日に、「頭痛」や「吐き気」、「倦怠感」や「肩こり」、女性の場合は「PMSの悪化」など経験はありませんか?

天気痛は、主に気圧の変化で自律神経が狂うのが一般的な見解なんです。

そもそも自律神経はLomero過去記事「自律神経」でも多く取り上げたように、「交感神経」と「副交感神経」のバランスによって整うもの。

天気痛では、交感神経優位になり、リラックスできない状態が続いて「イライラ」や「うつ状態」といった症状まで出がち。

「ミヤネ屋」では“耳くるくるマッサージ”が取り上げられていましたよね。

  1. 耳を軽くつまみ、上・下・横5秒ずつ引っ張る
  2. 耳を軽く引っ張りながら5回まわす
  3. 耳を包むように折り曲げ、5秒間キープ
  4. 耳全体を手で覆い、5回まわす
狙いは、「三半規管」の狂いを正すこと。めまいが多いという人は、三半規管の機能が乱れていることが多いんですが、これは自律神経の乱れとも関係がありそうなんです。

 

◆天気痛の症状はやっかい?自律神経を整える方法

天気痛

突き刺さるような頭痛に合わせて襲ってくるめまい。帰宅後は肩こりにあえぎ、寝る前は憂うつな気分。

そんな女性は、自律神経の乱れが原因で天気痛になっている可能性もあるんです。

そもそも日中に適度に優位になる「交感神経」が過度に働き、イライラや頭痛が出るのは自律神経の乱れによることが多いもの。

そのまま夜になっても「副交感神経」でリラックスできないので、より症状がひどくなる場合もあるんです。

6月の梅雨の際には、肩こり、頭痛、めまい、倦怠感で苦しむ人も多いのが「天気痛」。

気圧の変化に負けずに、自律神経を整えるには漢方などもおすすめです。ただ、やはり日ごろの生活習慣で改善するのが一番。

  • 夏でも入浴の習慣を
  • 適度な運動習慣をつける
  • 朝食はしっかり食べる
  • デスクワークを長時間連続で行わない(ストレッチをする)
  • お酒の飲みすぎはNG(適度に)
  • 過度なダイエットはダメ
  • 「薬」に依存しない
酔い止めや漢方なども効果はあると言われるものの、まずは自律神経を整える意識が「天気痛」を解消するコツなんです。

 

まとめ

「最近、妙に眠くてダルい」という方も多いのでは?

春先から梅雨は特に、季節の変わり目で「つらい」という人も多い傾向があるんです。

天気痛を解消するには、自律神経を整えて体の悩みから少しでも開放されてくださいね。

気になったらシェア♪