自律神経にも大事!? 腸活のコツとおすすめ運動

腸活 運動

最近、お腹の調子や便通が良くなくて「腸活」に興味があるという人も増えていますよね。

昔から、「食事」や「サプリメント」などが話題になりましたが、腸活の基本は「運動」なんです。

しっかりと体を動かすことで「自律神経の乱れ」を整える効果も期待できるので、しっかりと効果的な運動で「腸活」をすることが大事ですよ。

 

◆「便通が良くない」のは体のめぐりが悪いから?

腸活

「腸活」の大敵なのが、便通の悪さ。

女性でひどい場合は、「1週間、お通じがない」ということもあるんです。そうなると、ポッコリお腹はもちろん、体内のめぐりが最悪に。

血液内には“ドロドロ”とした毒素がまじった血行になりやすく、そうなると自律神経の乱れにもなりかねません。

自律神経の乱れはPMSの悪化にもなるので、女性にとって「便通の悪さ」はフラストレーションの原因になりますよね。

 

◆腸活のためには「ヨガ」がおすすめ

腸活にも、自律神経を整えることでも効果大なのが「ヨガ」。もう、ヨガをしているという方も多いのでは。

特に「猫のポーズ」は腸活に良いとされていて、最近話題の「ストレートネック」にも効果的と言われます。つまり、自律神経の乱れも解消してくれる効果が期待できるんです。

無理なく首と背骨まわりをストレッチ出来るポーズです

背骨にとおる自律神経も整えることが出来、更年期障害や自律神経失調症から起こる様々な症状にも効果的です

また、血行がよくなり、背骨まわりの歪みも整うので、腰痛の方にも効果的

Ref:http://ameblo.jp/ricca-studjapan

そもそも、自律神経の乱れが便通の乱れにつながることも多いんです。

PMSで苦しんでいる女性は特に、自律神経の乱れを改善することに注意したいですよね。

その点、自宅でのヨガでお手軽なのが「猫のポーズ」。ただし、“痛い”と感じたときには、微調整して体を傷めないように注意してください。

◆有酸素運動で汗をかくのが最強の「腸活」!?

腸活 運動

腸活で“自宅でお手軽にできる運動”は色々ありますよね。特におすすめなのが、「金スマ」でも紹介された腸活の運動。

腰をしっかりと旋回し、また腸もみをすることで「便通の促進」につながりやすいといわれていますよね。

腸を刺激するには、しっかりと骨盤からお腹にかけて“刺激”を与えるのが大事です。なので、自宅で“お手軽に”という点では、腰の旋回での「腸活」が効果的。

ただ、さらに「腸活」を意識して自律神経を整えたいのであれば、同時に有酸素運動も行いませんか?

たとえば、30分程度のウォーキングやジョギングが効果的。足腰の負担が大きい方は、水中ウォーキングもおすすめなんです。

有酸素運動は、セロトニンも活性化され、肩こりやめまい・頭痛といった「自律神経の乱れ」の改善にもつながると言われますよ。

「腸活」と同時に、しっかりと有酸素運動を生活の一部にするのがいいのかもしれません。

 

まとめ

「腸活」を続けると、便通がよくなることはもちろん、PMSの改善・イライラの軽減・体が軽くなるなどの効果も見られるという人が増えているんです。

しっかりと「腸活」や「運動」を行い、自分の体の悩みから開放されてくださいね。

腸活 運動

気になったらシェア♪