「ボク、運命の人です。」で菜々緒の人気が出ない理由

菜々緒 ボク運

“ボク運”こと「ボク、運命の人です。」は亀梨和也さんや山P、木村文乃さんが大活躍のドラマで人気沸騰中。

そんな同ドラマでイマイチ存在感や人気が出ないのが菜々緒さんなんです。

菜々緒さんにはめずらしい“良い人の役”は、やはり菜々緒さんには合っていないんでしょうか?

 

 

◆悪女=菜々緒の真骨頂?ドSや悪女のイメージが強すぎる


By:サイレーン

ドラマ「サイレーン」では、木村文乃さんとも共演していた菜々緒さん。

“完全悪女”として、武闘派+悪役のキャラの菜々緒さんは、まさに「適役」と言わざるをえなかったですよね。

他には「ファーストクラス」での印象も記憶に残るという人も多いのでは?


By:http://s.eximg.jp/

“人を陥れるキャラ”であるとか、“完全悪女”といったポジションが染み付いている菜々緒さんなので、“ボク運”こと「ボク、運命の人です。」での“いい人ぶり”に不自然さを感じる人も多いようなんです。

“可愛すぎる”というのは、菜々緒さんのイメージには合っていないのでしょうか?

 

◆実はドM?夜会で催眠術にかかった菜々緒の本性

菜々緒のSキャラは演技?夜会の催眠術にかかった件で』でも、夜会で菜々緒さんが催眠術にかかったのは瞬く間に有名になりましたよね。

ちなみにこの企画で引っかからなかったのは広瀬すずさん、菅田将暉さん、藤原竜也さんといった“一癖ある”といった人ばかりなのですが、菜々緒さんは見事に催眠術にかかってしまうことに。

実は催眠術にかかる人の多くが「素直な人」。

ドSと称しつつも、催眠術にはすんなりかかってしまう菜々緒さんは、実はピュアな心を持った“隠れドM”の可能性も大。

本来なら、「ボク、運命の人です。」の役が“本来の役”であるにも関わらず、これまでの「悪女」と「ドS」のイメージが強すぎて損をしているところが多いですよね。

 

◆ボク運キャストではむしろ木村文乃がドSかも…


By:Twitter

“ボク運”こと「ボク、運命の人です。」では、どちらかといえばSっぽさを、見せるのが木村文乃さん。

主演の亀梨和也さんを“上から目線”で押しのける演技に「本来もけっこうSっぽい?」という声も多いんです。

サイレーンとは違い、むしろ木村文乃さんが“上から目線”な同ドラマでは、菜々緒さんがアシスト役。

これが本来の“菜々緒さんの姿”なのかもしれませんよ。

 

まとめ

ちなみに菜々緒さんは「美」に対してかなりストイックで、自転車で移動していることも有名ですよね。

自分に対して厳しい人は、けっこうMだったりするもの。

“ボク運”こと「ボク、運命の人です。」での菜々緒さんは、実は“本来の菜々緒さん”なのかもしれませんね。

菜々緒 ボク運

気になったらシェア♪