エロい!性欲の強い女性の特徴3つ

性欲が強い

「女性は淡白で性欲がないよね」という声もある反面、「エロい女子はとことん“性欲”が高い」という声もあるもの。

人それぞれで性欲に差があるので、一概に“どんな人が性欲が強いか”でエロい or エロくないの物差しはないんです。

でも、性欲が強い“エロい女性”にはいくつか特徴がありますよね。

 

◆メンヘラ女子は性欲が強い傾向が

メンヘラ

メンタルを病んでいる女子が“性欲が強い”のはなぜか知っていますか?

基本的にメンヘラ女子は「拒否されること」と「人に嫌われること」が大の苦手。なので、男性に対しても常に“求められる女性”でありたいと思う傾向が強いんです。

たとえばメンヘラ女子はフェラのテクニックがかなり高い理由が、“いつでもどこでも求めてくる男性”に対して尽くしたいという思いが強いから。

性欲が強いというよりも、男性からずっと“かまってほしい”という心理の結果、性欲が強い女性になってしまったという言い方の方が正しいのかもしれません。

 

◆30歳を越えた女性の性欲が強い理由

男性の性欲のピークが10代であるのに対して、女性の性欲は30代中盤がピークと言われますよね。

30歳を越えた女性、特に主婦の人が“性欲が強そう”と思われるのは、何もイメージだけではないんです。

特に、「専業主婦」の女性はエロいというイメージを男性からも持たれがちなようですよ。

性欲が強い

30歳を超えると、本能で「出産」を意識する女性が増えてくるのが“性欲が強まる”という理由の一つでもあるんです。

今の時代は30代でも独身女性が多いですが、中には「子供だけは欲しい」という人も。

これは「女性本能」として、“自分の子どもを残したい”という本能が、性欲の強さにつながることが多いため。

30歳を越えた女性は、性欲が強まる傾向もあるので最近は「草食系の年下彼氏とやってまーす」なんて人も増加中なんです。

 

◆男性ホルモン「テストステロン」が多い女性

性欲が強いアスリート

女性ホルモンの代表がエストロゲンなのに対して、男性ホルモンの代表例が「テストステロン」というホルモン。

テストステロンが高い男性は“性欲が強い”と言われていて、一日に何回もできる体力があるようです。

ちなみに女性でも、スポーツ選手はいかに筋肉をつけるかということも大事。

なので、アスリートの性欲ってかなり高いんです。女性アスリートでも、かなり性欲が強い女性が多いのも事実。

ちなみに生理周期で、排卵日前後はテストステロンが出る影響で攻撃的になる女性も多いですよね。

一般女性でも、排卵日前後は“性欲が強い”という女性も多いんです。その排卵日前後に男性は「こいつめっちゃ色気ある」と感じるんだとか。

その“性欲の強さ”と“女性フェロモン”を感じ取り、「こいつと“したい”」と思われる女性=“フェロモン系女子”になることも大事なんです。

 

◆フェロモンを出す秘訣は「香り」?

「たまにめっちゃいい匂いする女いるよな」なんて話題を交わす男性。実はそんな男性こそ、女性の“エロさ”を感じ取っているようなんです。

性欲の強さ=女性らしさを無意識に出している女性もいるようですが、そんな男性の本能を呼び起こすのが「フェロモン系の匂い」

たとえば、フェロモン系香水を使えば、男性のムラムラって止まらなくなっちゃうようです。

おすすめの香水は『【an・an掲載】彼を誘惑して、衝動を駆り立てる!「ベッド専用香水」』。

もしカレ側が「女性にもっと色気を感じたい」と思っているケースは、彼女にプレゼントしてみては?

まとめ

男性の中で、「性欲が強い女性と付き合いたい」と思っている人がいるなら、こういった女性を狙うのもいいかもしれませんね。

  1. メンヘラ女子
  2. 30歳越えの女性
  3. 女子アスリート
きっとそのエロさにびっくりすることは間違いありません。

あるいは、彼女に“性欲の強さ”を感じさせる香水などで「男性からみる女性らしさ」をアピールさせてあげては?

ただし、別の男性に感知されやすすぎる「効き目の強いフェロモン香水」には注意です。

人気フェロモン香水 ヴィヤンフローラルの効果がヤバイ

2017.07.19
性欲が強い

気になったらシェア♪