マスク依存症になる本当の理由とは

マスク依存症

すでに花粉が飛んでいて、マスク無しでは外出できないなんて人もいますよね。

実はこの“マスク無しでは外出できない”っていうのは、「花粉症」だけじゃないのも話題なんです。

「マスク依存症」という言葉もあるように、女性の多くが「風邪の予防」や「花粉症対策」以外でマスクをしているのには、心理的な影響が強いんです。

 

◆花粉症や風邪対策以外でマスクを使用する意味

マスク依存症

花粉症で苦しむ春はもちろん、風邪対策で冬には毎日マスクをつけるという方も多いですよね。

ただ、季節問わずにマスクをつける女性も多く、これは色々な要素があるのも特徴なんです。

 

・すっぴんのときにマスク使用

・肌荒れ防止のためにマスク着用

・小顔に見えるようにマスク着用

・口臭予防

 

美容のためにつけている女性も多いんですが、より深刻化しているのが「マスク依存症」なんです。

マスク着用でないと、外出ができないという女性は要注意ですよね。

 

◆マスク依存症の原因とは

マスク依存症

マスクを着用していると、口元が隠せるというのが“安心感”につながる女性も多いんです。

その理由としては、人それぞれ。

 

・心理状況を知られたくない

・自分の顔に自信がない

・口が臭いと思われたくない

・肌荒れを隠すことができる

・マスク着用で「見られる」ということに少し抵抗感がなくなる

 

日本人は“見られること”が苦手で、人と目を合わせるのも苦手だといわれますよね。

そんな女性が陥りがちなのが、「マスク依存症」。

「別に誰にも迷惑かけてないし、いいんじゃない?」と思われがちですが、実はマスク依存症に慣れすぎると“危険”ともいえることがあるんです。

 

◆心の開き方が分からなくなる「マスク依存症」

マスク依存症

人と接するときに、マスク無しでは思ったことを話せない……

そんな女性も増加しているのは知っていましたか?

「人に嫌われたくない」「ドキドキしているのを察せられたくない」など、人によって状況はさまざま。

そんな状況でのマスク着用が当たり前になると、マスク依存で夏までマスクが手放せなくなり、あまり“笑う”ということも減ってくるんです。

実は心の状態を左右するのは「笑顔」。

笑うことで、ドーパミンやセロトニンが出る傾向が強く、これが心の安定につながることも。

マスク依存症のままであれば、なかなか人に心が開けなくなるという危険性もあることを危惧されているんです。

 

マスク依存症まとめ

とは言っても、マスク依存症でも“引きこもる”よりは、マスク依存症でも外出したほうが自分のためですよね。

マスク依存症でズルズルといかないためには、メリハリをつけることも大事。

職場や学校ではマスクは必ず着用していても、プライベートではなるべくつけないなどを心がけてみてくださいね。

マスク依存症

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA