実はヤってます!OLにおすすめの副業って?

OL 副業 おすすめ

手取りが少ない会社員として働いていて、毎月の生活だけで精一杯という女性も多いのでは?

会社の待遇を期待しても、手取りが16万で生活がカツカツ……。

そんなOLが隠れてヤッているのが「副業」。OLにおすすめの副業って、どんなものがあるか知っていますか?

◆実は隠れてやってる…OLのキャバ嬢率は高い!

キャバクラは時給制のところも多く、衣装もレンタルでヘアメイクも給料から天引きというところであれば、気楽に始められるのがキャバクラでの副業。

キャバ嬢として、“夜の顔”を持つOLの方ってかなり多いんです。

昼間は事務員やショップ店員、夜は20時から24時までキャバ嬢なんて方もめずらしくないですが、気になるのが収入額。

歌舞伎だと時給4000円~6000円のキャバクラも多いので、4時間稼働でも、衣装代やヘアメイク代を引いて週に5日勤務だと30万円~40万円なんて可能なんです。

手取りで16万円のOLをやっているのがバカらしくなってしまうので、歌舞伎におぼれていく女性の多くが“キャバ嬢”が本業になることもあるので、その点は注意したいところ。

しかも歌舞伎は売れないとバッシングも多く、ローカルキャバ嬢として再デビューする方も多いんです。

自分自身の心身状況を考えるなら、池袋辺りでスタートしてみては?

 

◆さすがに病む…ヘルスで働く女性も増えている

毎月の生活どころか、事情で借金生活を続ける女性がおぼれていくのが、男性へのサービスをするお店での勤務。

「顔を見るのも嫌」なんて男性の来店も多いのに、そんな男性の“アレ”を目にしなければいけないのもツライところ……。

OLとしての副業率も高いんですが、最近では女子大生が「学費」を稼ぐために働いている人が多いことでも話題になっているんです。

精神を病んでしまっては、将来的にいろいろな意味でマイナスになってしまうので、副業としてはおすすめできません。

 

◆基本的に「水商売」はおすすめできない

水商売

居酒屋にしても、ガールズバーにしてもバーにしても、「水商売」ってあまりおすすめできないんです。

というのは、水商売は“夜の勤め人”なので、働く時間が夜。

夜に活発に働いていると、交感神経が優位なまま夜中を迎えるので、熟睡感は失われがち。

毎朝起きるのもおっくうになり、気付けば“副業”が“本業”に早変わり。不健康な毎日で、体が壊れるまで気付かないなんてケースも多いですよ。

水商売は接客業なので「まなべること」も多いですが、健康面ではマイナスの様子をかなり多いんです。

 

◆副業としてオススメなのは「アフィリエイター」?

最近、女性にも多いのが「アフィリエイター」。

Youtuberもそうですが、女性が全面に出ているメディアってかなり“見られる”という傾向があるんです。

「顔出し」が苦痛でないなら、Youtuberという選択肢もありかもしれませんよ。

あるいは、自分自身がネット上に出ることができるんであれば、ブログで自分自身をブランディングしていくというのも◎!

美容や健康をテーマにライティングしていき、商品を打っていくというのもイマドキの立派な副業なんです。

 

◆クリエイティブ好きなら「LINEスタンプ」販売も

アートやクリエイティブが好きな人にオススメなのが、「LINEスタンプ」の販売。

何気ないキャラクターが「人気LINEスタンプ」になれれば、OLとしての月収よりも、LINEスタンプ販売代金が上回るなんてことも夢じゃないんです。

iPadでも作れるので、LINEスタンプ作成の副業もおすすめ。趣味を兼ねるのが、副業としてのおすすめポイントなんです。

 

◆臨時収入がほしいなら「レンタル友達」の選択肢もあり

レンタル友達 副業

摘発される「JKビジネス」などとは違って、最近話題なのが「レンタル彼氏」や「レンタル彼女」。

でも、さすがに“心を売る”ということに抵抗がある人は、「レンタル友達」をしてみては?

レンタルする方も、レンタルされる方も“ある一定の距離感”があるのがおすすめのポイント。

もしかすれば、「レンタル友達」がきっかけで、本当の出会いになるきっかけにもなりえるんです。

ただ、店舗選びには注意してくださいね。

 

OLの副業まとめ

副業とはいえ、いろいろな副業がありますよね。

安全な副業を選ぶなら「アルバイト」などもおすすめですが、朝から夕方まで働いたあとの体力は、かなりけずられているもの。

自分自身の健康と相談しつつ、自分にあった副業をみつけてくださいね。

OL 副業 おすすめ

気になったらシェア♪