ネットストーカー?声優・芸能人に殺害予告をする理由

水樹奈々 ネットストーカー

最近多いのが、声優やアイドル、芸能人に対しての「殺害予告」。

実はこの殺害予告ですが、加害者側はむしろ“被害者意識”すらあるというのが怖いところ。そうした被害者意識が、ネットストーカーにもなってしまうんです。

水樹奈々さんをも襲った「殺害予告」ですが、アイドルや声優、芸能人に対して殺害予告をする人には“共通点”や“理由”があるんです。

 

◆ネットでまるで「つながっている」感覚

ネットストーカー

アイドルや声優、芸能人に対してのファンの中には“熱狂的なファン”も多いですよね。

普通は常識の範囲で「ファン」になるものの、自分を癒やしてくれる存在に対しては、もはや「ファン」であることが生きがいになってしまう人も多数。

Twitterなどで、好きな声優・アイドル・芸能人からリプライがくれば、飛び跳ねるほどうれしいですよね。

SNSで身近になってきた、声優やアイドル、芸能人との距離。

まるで友達のように接することができるのが、“錯覚”の原因にも……!

 

◆ストーカーの「殺害予告」は最悪、本当の犯罪にも


By:Twitter

殺害予告にいたるには、ファンはかなりのフラストレーションやイライラを抱えている状況。

というのは、いくら“想い”を伝えても、芸能人側からは「うわ~こいつきもいな~」という意識すら持ってしまうほどの“粘着ぶり”があるため。

「自分はこれだけ好きなのに!」「なんで返事してくれないの!?」

こうした思いが怒りに変わるので、相手に“かまってほしい”という心理が爆発し、衝動的に本当に「殺人未遂」となってしまうこともあるんです。

AKBのメンバーが襲撃されたのも、かなり衝撃的な出来事でしたよね。

 

◆実は恋愛にも同じケースが!「ネットストーカー」の恐怖

ネットストーカー

ネットストーカーは最近、大きな話題。

何も、芸能人だけじゃなくて、ツイキャスを配信している一般女性にも「ネットストーカーの被害」はかなり多いんです。

スマホ越しだからこそ近いものの、実際は“遠い存在”だと気持ちが傷つくと、知らぬ間にネットストーカーと化してしまう男性も……!

しかもこれ、最近の恋愛にもいえることなんです。

「失恋後の男性」の中には、元カノへの未練が断ち切れずに「ネットストーカー」と化してしまう人も。

元カノのTwitter・FB・Instagramを色々なアカウントを使ってチェックするなんて男性もいるんです。

ネットストーカーは、何も芸能人や声優、アイドルだけが被害者とはかぎりませんよ。

 

まとめ

最近では、アイドルグループの「仮面女子」のメンバーがストーカー被害に合っていることも報告されましたよね。

「なんで俺はこんなに好きなのに!!」という思いが、いつの間にかストーカーになり、気付けば「愛憎」と化してしまうことも。

「危険だな」と思えば、早めにネットストーカーの対処をすることも大事ですよ。

かすちゃん住所特定がヤバイ…なんJの個人情報特定の怖さ

2017.08.24

Eye-catching image by

https://news.nifty.com

水樹奈々 ネットストーカー

気になったらシェア♪