【美容・健康】骨盤は前傾しても後傾しても腰に悪い!?

骨盤 ストレッチ

女性の場合、骨盤の“前傾”が「腰痛」につながることも多いですよね。

でも、デスクワーカーがもっと注意すべきなのが、骨盤の“後傾”。

とはいえ、フラットな状態での腰の位置ってどうすればいいかわかりにくいのが難点。

腰痛は「骨盤の正常化」をしっかりと意識することが大事なんです。

 

 

◆骨盤の前傾が腰にいいは嘘だった?

骨盤の前傾 腰痛

女性の腰痛持ちの原因として多いのが、骨盤の前傾姿勢。

特に、座った状態でお尻を突き上げた感じの姿勢はNG! 背筋が弱いと腰に大きな負担がかかってしまうんです。

骨盤が前傾した姿勢は、後傾した姿勢よりは「首・肩」への負担は減りやすいです。

というのは、しっかりと体幹が使えた座り方ができていないと、前傾姿勢ってキープができにくいんです。

でも、あまりに背筋が弱い状態で前傾姿勢が続くと、反り腰気味が続き、腰痛が続きやすくなるので注意が必要です。

 

◆骨盤の後傾は肥満傾向にも…?腹筋と背筋が弱い

骨盤の後傾 腰痛

骨盤が後傾した姿勢は、猫背の人に多いんです。

机に猫背気味で座った状態が続くと、お尻が落ちた姿勢で背中が丸まりますよね。

そんな姿勢だと、骨盤はどんどんと後傾していき、これが“ポッコリお腹”や“腰痛”につながりがちです。

この状態が続くと骨盤がどんどんと後傾し、おばあちゃんのような姿勢になっていくので、見た目的にもNG。

また、同時に足を組んでいたらさらに悪化してしまいがちです。

きちんと、フラットな骨盤の位置を意識することって大事なんですよ。

 

◆骨盤をフラットにして腰痛を解消するには

腰痛 ヨガ

前傾しすぎても、後傾しすぎても腰痛の悩みを引き起こす骨盤。

しっかりとニュートラルな位置にするには、胸の下と腹筋の上のインナーマッスルを意識しつつ、お尻の筋肉をつけることが大事なんです。

合わせて、背筋を日頃からマッサージしてあげるのも大事。

最近は、量販店でも骨盤を整えるローラーが安く手に入りますよね。

普段からしっかりと「骨盤」を意識してあげて、正しいフラットな骨盤の位置にしてあげましょう。

「正しい骨盤の位置が分からない」という方は、鍼灸整骨院などで教えてもらうのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

日ごろ、上半身の姿勢ばかり気にしがちですが、上半身の姿勢を左右するのも骨盤次第なんです。

骨盤って乱れた姿勢が続くと、簡単にずれてしまうのもやっかいですよね。

オススメなのはバランスボールやストレッチポールですが、気になる方は試してみることをおすすめします✨

 

Eye-catching image by

http://weheartit.com

骨盤 ストレッチ

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA