昔の恋愛が忘れられない女性の特徴3つ

失恋

女性の恋愛は「上書き保存」といわれるものの、実はなかなか昔の恋愛が忘れられないという女性も多いんです。

結局、未練が断ち切れなくて、彼氏がいなくなってから数年経つという女性っていますよね。

けっこう思い当たる方も多いのでは?

 

◆共依存!お互いが恋愛より「依存関係」にあった女性

復縁したい

彼氏に依存しきっていた、あるいは彼氏も自分自身に依存していた場合って、失恋後もズルズルといくケースも。

別れた元カレが“求めてきた時”に、ついついしてしまったなんて方も多いのでは?

お互いが依存しきった状態だと、幸せばかりじゃないことも多いんです。

相手を信用しているのに、信用しきれない。嫉妬深くなる。自分が思っているより、もっと思ってほしい。

共依存状態で失恋した女性は、うまく昔の恋愛を忘れられないことも多いですよね。

 

◆今の恋愛より昔の恋愛が「良かった」とき

失恋

寂しさをうめるために付き合った今カレ。

でも、夜の相性もそんなによくないし、一緒にいてもときめかない……!

そんなとき、思い出すのは“昔の恋愛の相手”なんてこともあるのでは?

特に、夜の相性がよくないと、「元カレとのときは気持ちよかったのに……」と、頭がクリアになりつつ虚しさが襲ってきますよね。

 

◆失恋自体が「トラウマ状態」になっているとき

失恋状態

思わぬ「別れの言葉」により、大好きだった元カレが急にいなくなってしまったという場合は、なかなか未練がたちきれないこともあるんです。

「あたしはこんなに好きなのに、なんで嫌いになったの?」

なんて自問自答ばかりで、失恋後は水しか飲めないなんて状態になる人もいるのでは?

特に、30歳を越えたときの突然の失恋は「鬱状態」にもなりやすいんです。

 

◆復縁はNG?失恋を乗り切る方法

昔の恋人が忘れられない

「復縁したい……」と悩む女性もけっこういるんです。

でも、復縁できても、結局、一回溝が入った関係ってうまくいかないことのほうが多いですよね。

復縁を望むよりも、「時間が解決するよ」なんてアドバイスもあるんですが、“今この瞬間”がたまらなくつらいのは仕方がないもの。

自分を責めてオーバードーズをしてしまうような女性にはならずに、何か健康的に依存できるものを探すのも大事。

新たな恋愛は無理に求めず、ジムにいくだとか、女子会でお酒を飲みまくるだとか、ある程度はハメを外して失恋を乗り切っちゃいましょう!

 

まとめ

特に忘れられないのが「初めての相手」。

学生時代の恋愛は特に甘酸っぱいものがあり、同窓会などで再会すると複雑な気持ちになりますよね。

失恋は結局、時間が解決してくれるもの。

あまり自分を責めない女性が「次」にいきやすいので、ポジティブな考え方ができるように、いろいろなことにトライしてみてくださいね。

まずは休養を!

失恋

気になったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA