イライラは伝染する!心に余裕を持つには

満員電車に揺られて、職場では苦手な人との対応にやきもき。

疲れた顔で昼休みにコンビニ弁当をかきこんで、気付けばサービス残業…そんな毎日を送る方も多い現代ですよね。

そんな毎日が続くと、イライラしやすくなり、心の余裕がなくなることもしばしば起こるんです。

できれば精神的な余裕や心の余裕を持って、常にイライラしないように心がけたいもの。そんな秘訣、知っておきませんか?

 

◆イライラするのは自分に余裕がないから

精神的に余裕ない

土日になると“ドッと”疲れが出るという方も多いのでは? 平日は交感神経優位の緊張状態で、仕事は張り詰めた空気で行っているという方も多いでしょう。

でもそんな状況が続くと、ついついイライラしがち。

イライラしてしまうと、周りの環境に“ないものねだり”をしてしまうことも多いんです

「あのひとが出来ていないから、私が苦労する」、「隣にいる人が苦手で、イライラする」

そんな状況だと、心理的にも精神的にも余裕がなくなりがち。できれば、そんな状況から開放されたいですよね。

 

◆イライラが伝染してしまう理由

怒っている女性

職場や学校でも、張り詰めた空気が続くと“イライラする”という人も増えがち。

実はこの「イライラの空気」って、周囲への影響も大きいんです。

誰かがイライラしていると、心理的に萎縮してしまうのを恐れる人が出てくるので、それを深層心理で回避するために“自分もイライラ”

この状態が連鎖してしまうと、職場や学校などの集団環境では“イライラの伝染”が起こってしまいがちに。

一時期、「不機嫌な職場」という本もベストセラーになりましたよね。

 

◆常に精神的・心理的に心の余裕を持つには

笑顔の女性

とはいえ、人間誰しも感情はあるもの。ビンタされてヘラヘラ笑っているようであれば、別の意味で危険ですよね。

常に心理的にも精神的にも“心の余裕”を持つには、自分自身を認めてあげるということが大事なんです。

誰しもが多少のコンプレックスや、自分に自信のないところはあるもの。

でも、それを含めて“自分は自分でいい”と思えるようになることが、“心の余裕を持つこと”につながるんです。

周囲に何かを求めるということは、自分に足りないものを周囲に責任転嫁したいという心理の表れ。

自分を素直に認めることができると、周りのイライラやトラブルにも、ある程度余裕を持って対応できますよ。

 

🙆🏽 自分に自信を持つ“何か”を身につける

🙆🏽 呼吸を深くするために、ヨガやピラティスを行う

🙆🏽 人のせいにしないように意識してみる

🙆🏽 自分のせいにもせずに、自然を受け入れる

🙆🏽 イライラしたと思ったら、自分の鼓動を確認してみる

 

まずは自分の体に素直になってみてくださいね。

 

まとめ

イライラが伝染・伝播するストレス社会ですが、まずは自分を大切にすることが大事❗

ストレス社会だからこそ、“心の余裕”をしっかりと持っておきたいですよね。

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA