ガッキー&有村効果?紅白で紅組優勝のワケ

2016 紅白歌合戦

視聴者票・会場票は圧倒的に白組優勢だったものの、審査員が選んだのは紅組で“グダグダ”に終わった2016年の紅白歌合戦。

なによりネットで酷評されたのが、「司会の相葉くんがきつい」との声。

謎の投票システムがありながらも、“紅組優勝になった理由”は、やはりガッキーと有村架純さん効果なのでしょうか?

 

◆嵐・相葉が紅白の司会で大コケ!?


By:Twittter

司会慣れしていなかった相葉雅紀さん。

これまでSMAPの中居正広さんが司会を務めることも多く、プレッシャーが大きかったのでは?

終始、リズムに乗れなかったことからネットでは酷評されている場面もありましたよね。

「なんで櫻井くんが司会じゃないの?」と、疑問視する声も。

エンディング曲では“涙まじり”の相葉雅紀さん、雰囲気は「圧倒的に白組優勢!」といった感じでしたよね。

ただ、結果としては“謎の視聴者票”の後に、審査員による「紅組優勝」でグダグダな展開に。これには相葉ファンにも激昂していたのでは?

やはり、松潤の影響がここにも影響していたんでしょうか……?

 

◆紅組優勝は有村架純の名司会のおかげ?


By:Twitter

優勝旗を持つ前も「え?紅組優勝?」と事態を把握できていなかった有村架純さん。

白組優勝の雰囲気に、「なんで?」の困惑の雰囲気が流れていましたよね。

そんなグダグダな紅白歌合戦を相葉雅紀さんと支えた有村架純さん。

相葉雅紀さんが弱っている時の冷静なフォローが、“紅組の印象の良さ”につながったのかもしれませんよ。

また、やはり星野源さんの「恋」が奇しくも紅組の雰囲気を良くした後押しにしてしまいましたよね。

 

◆ガッキーが紅組優勝の大きな理由だった!?


紅白歌合戦で一番盛り上がったのが星野源さんの「恋」歌唱中の恋ダンスですよね!

2016年の大ヒットとなった「逃げ恥」のブーム+恋ダンス人気で、視聴者も盛り上がったのでは?

歌っているのは星野源さんなのに、なぜか紅組に勢いが感じられましたよね。

やはり2016年の紅白歌合戦の“紅組優勝の理由”は、恋ダンス=ガッキーと、有村架純さんの名サポートにあるかもしれませんよ。

 

まとめ

いよいよ2017年になりましたね。

紅白歌合戦ではグダグダ模様もありつつも、相葉雅紀さんも有村架純さんも、そして審査員含めて楽しい空気が印象的だったのでは?

紅組優勝のように、2017年は“女性強し”の1年がさらに続きそうですね。

2016 紅白歌合戦

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA