2017年こそ夫婦円満になるコツ

夫婦円満 秘訣

数々の入籍報告もある中、2016年は「ゲス不倫」が流行った1年。あの安田美沙子さんの夫も、“安田美沙子さん妊娠中の不倫”が報じられましたよね。

そして何より、年の瀬に離婚した米倉涼子さん。

芸能界では多くの“夫婦の別れ”があった年ですが、自分自身も空気の重い年末年始を迎えそうという夫婦もいますよね。

多くが「ゲス不倫」から入る“夫婦のヒビ”、2017年こそ「夫婦円満」をテーマにしてみませんか?

 

 

◆マウンティング嫁は要注意!実は離婚を考えている夫


By:http://weheartit.com

「俺、気の強い姉さん女房が好きなんだよね」

結婚当初は主導権を握られることを、「むしろ喜んでいた」という男性も多い時代ですよね。

ただ、男性が離婚を考える理由として多いのが“妻の態度が大きくなりすぎた”ということ。

適度なリードは嬉しくても、マウンティングされすぎることに嫌悪感を覚える男性は多いんです。

ギスギスした雰囲気にならないように、“マウンティングすぎる嫁”にならないように2017年は注意したいですよね。

 

◆不倫を考える理由第一位!? 夫婦のレス対策


By:http://weheartit.com

男性の中には、「毎日でも嫁さんと“したい”!」という強欲な旦那も多いよう。

「夜中にこっそりセクシー動画見てます」なんて既婚男性も多いのでは?

持て余した“欲”を家庭内で解消できないと、男性は我慢しきれずに周りの女性に流されやすいもの。

「ウチのに不倫できる根性もなけりゃ、寄って来る女もいないでしょ」なんて思っている夫婦こそ要注意!

“追い込まれた夫”は、どんな手段を使っても自分の欲求を満たそうとすることも多いんですよ。

2016年の「ゲス不倫」のようにならないように、せめて心でつながる夫婦でいたいですよね。

結婚して年月が経っていても、たまには甘える仕草を見せてみては?

 

◆夫婦円満の秘訣は「外で寂しさを解消しない」こと


By:http://weheartit.com

「ゲス不倫」の影に隠れてウヤムヤになっているのが、女性側が外で“癒やし”を求めているということ。

「旦那が仕事しているときに、実は歳下の大学生といちゃついている」なんて既婚女性も増殖中!?

家庭内での“夫婦のすれ違い”に我慢できず、ついつい別の男性に「心の隙間」を埋めてほしいという女性も増えているんです。

せっかくの夫婦ですから、寂しさは夫婦同士で埋め合わせたいですよね。

「夫を男として見ることは無理!」

そんな女性は、せめて“家族の一員”として見直してみることから始めてみては?

 

まとめ

2016年は芸能界でも「離婚」や「ゲス不倫」が流行ったもの。

「文春砲」の威力を中心に、数々の芸能人が夫婦仲を引き裂かれましたよね。

でも原因は夫婦同士。

芸能人にかぎらず、「旦那をめちゃくちゃにしてやりたい!」と頭から煙が出ている女性も、2017年は“夫婦円満”であってくださいね。

 

Eye-catching image by

http://weheartit.com

 

<姉妹サイト関連記事>

夫婦円満の秘訣は何?夫婦がいつまでも仲良くできる方法

夫婦円満 秘訣

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA