正しい骨盤の位置にするにはどうすればいいか

ピラティス 姿勢

体幹トレーニングが流行っていますが、実はこれ“正しい骨盤の位置”を知っていないとむしろ怪我のもとになってしまうんです。

骨盤を正しくすると、女性特有のお腹の痛みや腰痛も改善されやすいんです。

ただ、“正しい骨盤の位置”って自分ではわかりにくいですよね。自分にとって“正しい骨盤”をキープするには、どうすればいいんでしょうか?

 

 

◆尿もれや腰痛・生理痛も?骨盤の位置が悪いと猫背になりやすい


By:http://weheartit.com

女性特有の健康の悩みもありますが、これって「体幹」や「下半身」の筋肉が弱いからと思われがちですよね。

確かにそれは正しいんですが、デスクワーク化した現代、多くの女性が抱えているのが“骨盤の位置のズレ”なんです。

骨盤の位置がずれていると、背筋や腹筋をニュートラルに使えないので、結果的に体をまっすぐできずに猫背になりがち。

また、歩く姿勢も“おばあちゃん”のようになってしまうので、見た目としてもあまり女性らしいとは言いづらいんです。

また骨盤を立てることができないと、加齢による尿もれや、女性特有の生理痛・腰痛にも悩まされがち(個人差はありますが…)。

これ、正しい骨盤の位置を知って改善していくことで、かなり改善していきやすいんです。

 

◆腹筋を鍛えると美姿勢になるは嘘?正しい腹筋の位置と鍛え方


By:http://weheartit.com

最近話題になりやすいのが「体幹トレーニング」ですよね。

もちろん、体幹トレーニングをすることは女性にとって“筋力を維持する”という面でも、アンチエイジング効果も得やすいんです。

ただ、やみくもに「腹直筋」を鍛えたり、プランクなどの運動を頑張るのは、せっかくの努力の成果が半減しがちに。

“正しい骨盤の位置”を知って、“正しい体の保ち方”を知るだけで、トレーニング効果はかなり高まるんですよ。

 

◆正しい骨盤の位置と意識すべき腹筋の位置


By:http://weheartit.com

「骨盤を立てる」ということが重要とはよくいいますが、これは骨盤をいかに意識できるかにかかってきます。

一度、仰向けになって膝を立て、骨盤を後傾・前傾させてみてください。

正しい骨盤の位置は、骨盤をかかと方向にグイッと引っ張った方向。もし普段姿勢が悪いと、かなり腰部分が張った感じがするはずです。

“骨盤を足方向に引っ張る”という意識を持ったまま、腹筋は「肋骨したの横隔膜」を常に意識することが大事。

肋骨周りのインナーマッスルを意識することで、お腹も自然にへこんでいきます。それと連動して、骨盤をグイッと突き出す感覚で座ってみてください。

「骨盤が立つ」というのはその感覚なんです。

感覚がわからない方は、ピラティスなどを受講してみるのも一つの手段かもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしょう。普段、「正しい骨盤の位置」や「正しい姿勢」をキープしようと体幹トレーニングに励んでいる女性も多いでしょうが、正しい体の位置を知っていないと効果は半減します。

正しい骨盤の位置を知っていれば、デスクワーク中も肩こり、腰痛、生理痛などの女性特有の悩みも改善されやすいといえます。

一度、骨盤の位置を意識してみて、美姿勢と健康を同時に手に入れてみてくださいね。

 

<監修>

ボディスタジオATARU

 

Eye-catching image by

http://weheartit.com

ピラティス 姿勢

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA