LINEでも?元カレがストーカー化してしまったときの対処

元カレ ストーカー化

元カレがストーカー化してしまうというケースが増えていますよね。

特に最近は、ブロックしてもLINEやSNSでメッセージを送り続けてくるという、「ストーカー行為」を繰り返す男性に悩んでいる女性も多いんです。

元カレがストーカー化してしまえば、なかなか手におえませんよね。きちんとした対処法、知っておきませんか?

 

◆別れた元カレはまだ「フラれた」と思っていない可能性も

元カレ ストーカー化

女性側が「元カレ」と思っていても、男性側がショックや現実逃避のあまりに“フラれた”と自分で認識できていないことが多いんです。

そのため、「また復縁できるはず」と自分に言い聞かせることで、冷静さを保っているという男性もいるといわれますよ。

いくら未読スルーしても、元カレのLINE攻撃が激しいと悩んでいる方は、しっかりと情を捨ててブロックをするのも手です。

下手な情が捨てきれないと、そのまま元カレは「復縁」の二文字への期待がふくらんでしまう一方ですよ。

 

◆ただしLINE・SNSの無視で事件が起こる可能性も…

元カレ ストーカー化

ストーカー化してしまう男性は、相手の気持ちを冷静に考えられる状況にないのでストーカー化してしまうようです。

なので、いくら理論で説明しても、ストーカー側の「感情」が追いついていないというケースも。

「まだこれだけ好きだから、元カノもまた振り向いてくれるんじゃないか……?」といった感情が、ストーカー化してしまうキッカケになってしまうことも。

ただ、これを「良くない」と思って、LINE・SNSは完全シャットダウン、大学や職場で顔を合わせても完全拒否姿勢も考えもの。

ストーカー化してしまった元カレが「俺のこと嫌いなの?」と、女性側と心中してしまおうと考えてしまう、「ヤバイストーカー化」してしまうこともめずらしくないようなんです。

殺されてしまってからでは、「ストーカー対策」をしても意味がないですよね。

 

◆法整備でLINE・SNSのストーカーも罰則化できるようになった

元カレ ストーカー LINE

LINEでの一方的な押し付けや、Facebookでのつきまといも法整備で「ストーカー規制法」に加わることになったんです。

大学の同級生、職場の同僚だと、LINEやSNSまで全て拒否するというのは、なかなか気まずいもの。

確かに完全拒否するというのは「ストーカー化」の危険性も高いものの、ある程度の距離感を取りつつ「もう、恋人としては二人では過ごせない」ということを落ち着いて話してあげることが「ストーカー化」を防ぐことで一番効果的。

ゆっくりリリースして、恋人としては過ごせないということを理解してもらえるまで説明しなければならない場合もありそうですよ。

 

まとめ

恋愛の破局後の「情」は、元カレをストーカー化させてしまう第一歩。

でも、いきなりの完全拒否は、男性側が「嫌われた」と思って、ストーカー化してしまう可能性が高くなってしまうんです。

ストーカーの被害に合わないように、ある程度女性側でも対処法を考えておいたほうがよさそうですね。

元カレ ストーカー化

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA