秋の夜長に快眠する6つの方法

快眠 ぐっすり眠る

季節の変わり目は、体調も崩れがち。お肌が荒れるのも、睡眠不足が原因ということもありますよね。

秋の夜長はついつい夜ふかししがちですが、しっかりと快眠、ぐっすり寝て“昼間に眠い”を解消したいですよね。

体調を崩しやすい秋から冬に“ぐっすり眠る”にはどうすればいいんでしょうか?

 

 

快眠するにはアルコールはほどほどに


By:http://weheartit.com

お酒が好き、という方もいますよね。

秋の夜長は独り身の女性には寂しいもの。テレビがついていないと、外から秋の気配を感じて、ついつい深酒してしまうという方もいるのでは?

ただ、アルコールは“入眠”はしやすいものの、“睡眠の深さ”は浅くなりがち。

熟睡感が得られないことも多いので、翌朝から午前中にかけては「眠い」という方も多いですよね。

 

◆快眠に必須!? 寝る前のストレッチと起床後のストレッチ

「スポーツの秋」をきっかけに、少し体を動かそうかな?と思っている女性も多いのでは?

ダイエットにもなって、ジョギングやウォーキングのような有酸素運動は、運動後も爽快感があっていい季節ですよね。

ただ、どうしても忙しい方や、運動が苦手な方は睡眠前・起床後のストレッチが“深い眠り”と“すっきりした目覚め”には大事ですよ。

おすすめは、「胸」と「背中」のストレッチ。日ごろ凝りかたまった筋肉を、リリースしてあげてくださいね。


By:https://breastcanceryogablog.files.wordpress.com

ヨガマットがあれば理想ですが、ふとんの上で行なってもOKです。

伸ばすように、胸と背中の筋肉のこりをほぐしてあげると、首から肩のコリも解消しやすく、そのまま深い眠りに入りやすいんです。


By:http://stretchpole-blog.com

朝も、胸や背中、肩甲骨をしっかりと伸ばしてあげてくださいね。

また、眠っている間にふくらはぎが痙攣しやすい方は、眠る前にしっかりと足首をほぐすのも効果的ですよ。


By:http://zi-gen.com

毎日軽めの運動をすることが理想なんですが、寝る前に少しでも体をほぐしてあげてくださいね。

 

◆寝る前は体をしっかりと温めて深く眠る


By:http://weheartit.com

気温が下がってくると、体が冷える状態が続く方が多いんです。

しっかりと体を温めるには、入浴はしっかりしておくことが大事ですよね。ただし、あまりに熱いお湯に長湯してしまうと、脳が覚醒してしまうので入眠しにくくなることも。

風邪を引かない程度の温度で、長めの入浴を心がけてくださいね。

その際、ジンジャーパウダーやミネラル豊富の入浴剤を合わせて利用してくださいね。

体がポカポカすること間違いなしですよ。

 

◆快眠には日ごろの心配事や不安をなくすことも大切


By:http://www.rd.com

なかなかぐっすり眠ることができないという方の多くが、“心配事”や“不安なこと”を抱きがち。

仕事、恋愛、家庭の悩みなど、悩みは人それぞれですよね。

あまり悩みすぎると、ストレスホルモンである「コルチゾール」が上昇し、ストレスが発散できない状態が続くことで、深い眠りにも入りにくくなるんです。

ストレスの原因を取り除くことは大切なんですが、それが難しいのであればしっかりと体を動かす、あるいは何かしらストレス発散方法があるとベストです。

 

◆朝は「朝日」をしっかり浴びて「朝食」を食べることが大事


By:http://favim.com

起床後、きちんと朝日は浴びることができていますか?

天気のいい朝は、しっかりと朝日を浴びて体を目覚めさせる習慣をつけることもが大事。「コルチゾール」とは正反対の、「セロトニン」がしっかり出ますよ。

また、ダイエットをしている女性に多いのが“朝食を抜く”ということ。

実はコレ、ダイエットにも逆効果なんです。

朝、代謝が悪い状態で何も食べていないと、午前中は体も眠ったまま&体の代謝も上がりにくくなりますよ。

“食べ過ぎ”もよくありませんが、シリアルやスムージーを食べ飲みしてから会社や学校に行く習慣をつけてくださいね。

 

◆昼間にどうしても眠いときはどうすればいい?


By:http://hdwallpapersrocks.com

仕事中にどうしても眠気が襲ってくるという方もいますよね。

そんな方は、「ぶどう糖」を食べるのもおすすめ。ドラッグストアの「飴コーナー」にあるはずなので、ぜひ試してみてください。

カロリーも一粒10kcalほどですが、仕事中に脳が疲れてきたときにもおすすめのぶどう糖。

また、20分以内のお昼寝もおすすめなんです。

女性はオフィスで昼寝は難しいですから、トイレを利用するというのもアリですよ。

 

まとめ

いかがですか。

ぐっすり深く眠ることができず、昼間に眠気が襲ってくると日中の疲れは倍増してしまいますよね。

今回ご紹介した快眠法で、快適な毎日を送ってみてください。

 

Eye-catching image by

http://weheartit.com

快眠 ぐっすり眠る

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA